「新潟出身者の銭湯は派手」説

また溜まってしまった。
気長にお待ち下さった皆様、ありがとうございます。
でもって、銭湯話だ。

d0149411_1824495.jpg

今日、下町の某銭湯に取材に行った。
すると御歳86歳というご主人がいうのだ。
「新潟出身の銭湯は派手だ」。

そもそも銭湯という商売は、新潟と石川、富山、福井の出身者が極めて多い。
もともと出稼ぎの多い雪国だが、
成功者の親戚に呼び寄せられては、住み込みで働き、
仕事を覚えたら独立して、又同郷の銭湯が増殖してゆくという構図だ。

そしてこの御仁のご両親は、石川県出身。
「加賀のお殿様は徳川家ににらまれていたから、表向きは地味なのさ。
だけど中は豪華だ。でも、新潟出身者は、がーんと派手なのを造るんだよ」。
銭湯の組合の役員も務めたという彼がいうには、
外観を見ればどこの出身者かわかるのだそうだ。

言われてみれば、以前京都の銭湯を取材して回ったが、
東京より地味だった。
関西の銭湯の主は、新潟より北陸3県の出身者が多いと聞いた気もする。

対して東京の銭湯は、寺院ばりに立派だ。
「極楽気分を味わって下さいっていう意味なのよ」と、
番台の奥さんがいった。
あ、これ前も書いた台詞かも。
大きな湯舟に浸かって、極楽したいわい。

とはいえ、先のご主人のご父君も、
ここは寺か、という程豪華な屋根の銭湯も造っている。
東京激戦区で、おとなしくしているわけにはいかなかったらしい。
とすると、写真の銭湯も結構立派だが、一体どこのご出身なんだろう。
何だか一軒一軒巡って、統計を取ってみたくなった。
まあ、こういうのは、町田忍さんがよくご存じなんだろうけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・冷麺(手打ち)
・焼き肉各種など

またキムチ横丁で取材がてら。美味。
[PR]

by sibamataumare | 2008-09-30 22:52 | 中古民家主義