人気ブログランキング |

焼きそばの町には蔵が建ち並んでいた

あまりにも庶民的な軽食、焼きそばを好む栃木市はまた、
利根川水系の水運で古くから栄えた商業の町でもあった。
だから町のあっちこっちに、こんな立派な旧家が建っているのだ。

d0149411_20334120.jpg

この道は日光例幣使街道と呼ばれ、ずっと歩けば日光に辿り着くらしい。
立派な旧家のいくつかは、観光客に内部を見学させてくれる。
この右手の建物のそのひとつで、
旧家の塀代わりに、街道に面して商店の建物が建ち並んでいる。
向かって右側の奥に見える、ちょっと洒落た店構えは床屋で、
店の裏側は、即ち旧家の庭に直結している。
店子と大家の位置関係が面白い。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・うな重の上
・肝焼き
・焼き鳥
・わさび漬け

 雑誌の撮影後、編集さんにご馳走になる。
 美味しかった。幸せである。

by sibamataumare | 2008-04-01 20:47 | 中古民家主義