人気ブログランキング |

人知れず派手な小木のとも旗祭り

連休中、能登半島に行ってきた。
漁師町の祭り見物だ。
こりゃすごいわ。

d0149411_21562470.jpg

何に驚いたって、祭りそのものもだが、
完全に観光ではなく自分たちだけの祭りだという事実だ。

今でこそ大人も一緒だが、
そもそもこの祭り、かつては住民はほとんど漁師家庭という港町で、
男の子が中学生になると、俗にいう若衆宿に泊まり込んで
数ヶ月がかりで祭りの準備に明け暮れたとか。

そして町内毎に写真のような舟を出して、
港内や沿岸を練るのだ。
こうして少年たちは共同作業のしきたりや舟の操縦法、
海や神への畏れを叩き込まれるのだろう。

で、観光客はあんまりいない。
道中、立ち寄った金沢市の店で「能登半島の祭りに行く」というと、
同じ県民なのに、
同日に大々的に開催される別な町の祭りの間違いだろうと
わざわざ訂正して、道を教えてくれたほどだ。

それが何だか清々しい。

祭りが終わると、男たちは支度を始め、
長いイカ釣りの航海に出かける。

多分、賑やかだったあの港は静まり返る。





そうそう、この港で6月1日(日)に
「イカす会」が開催されます。
よかったら行ってみて下さい。
面白そうです。

お問い合わせ:能登小木港スマイルプロジェクト事務局
0768−74−0194


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・船凍イカの茹でたのや煮たの。
・刺身各種
・赤飯などなど

滞在中、漁師さん等の家や差し入れの数々で魚介のご馳走三昧。
幸せで美味。
地元の皆さんに感謝。

by sibamataumare | 2014-05-13 22:07 | 漁師