寒過ぎだろう

暑過ぎが終わるやいなや、
いきなりこの寒さは、いくらなんでも追いつけない。
衣替えも布団の替えも追いつかず、
薄着を何枚も重ね、
肌掛け布団や毛布を重ねてしのぐ。

洗濯物が濡れてしまったが、
気がつけば、これもずいぶん久しぶりのことなのだ。

[PR]

by sibamataumare | 2010-09-26 23:34 | ひとりごと