靖国神社の月餅

実は昨日、靖国神社へ行ってきた。
ちゃんと勉強会だ。
個人的には身内に戦没者もなく、なかなかご縁のない神社だから、
こうした機会は貴重だ。

境内にある博物館「遊就館」では、
さんざん驚かされたり考えさせられたりしたのだが、
何より度胆を抜かれたのは、
おみやげにいただいたお供物だった。

ずっしりと重い紙箱を開けると、
中には大きな月餅2つ その間に赤い金平糖。
?????

金平糖は何となくわかった。
兵隊さんの携行食だったからだ。
でも何故、月餅なのだ?
何故、中国の中秋節の菓子なのだ?

誰か教えて下され!!!

思わずかの神社に問い合わせてしまった。
すると「金平糖は、兵隊さんの携行食として懐かしんでいただいております」
とのことだが、月餅に関しては、
「皆さまに喜んでいただけるお菓子として」とのお答え。

中村屋謹製、表面には桜の花型。
やっぱり「大陸を懐かしんでいただくため」なのかと、
勝手に解釈して、包丁を入れた。
単なる菓子のはずなのに、ちょっと身が引き締まる。

普通に美味しかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・オードブル各種

九段会館にて。豪華で美味で嬉しい。
多分直会。

[PR]

by sibamataumare | 2010-04-27 14:55 | 東京ぶらぶら