タグ:東京湾 ( 145 ) タグの人気記事

長年温めてきたテーマで、講座を開講します。
その名も「東京湾岸あるき陸から海から今むかし」。
第一回目は、「都会のローカル線鶴見線を行く」
です。
どうぞおいで下さいませ。

d0149411_051887.jpg

これまた身の濃い沿線歩きですが、
おまけに10年に一度の大開帳中の川崎大師がこの講座の終点。
私たちもワクワクです。

東京湾は、この100年で9割の岸辺が埋め立てられました。
この今昔の岸辺を求めて、古地図や近現代地図を片手に歩き回ったり、
時には海から船で眺めたり、
漁師さんに江戸前魚介の豊かさを教えてもらったり、
そして時には美味しいものも食べてみたりという、
東京湾岸をテーマにした連続講座です。

東京オリンピック会場予定地も多く、
今後変わってゆくかもしれない湾岸を、ずっと眺め続けてゆこうと思います。

2回目以降も近々にお知らせしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

お問い合わせ:風カルチャークラブ 0120−987−553

日時:2014年5月24日(土)「都会のローカル線 鶴見線を行く」

*すみません、諸般の事情で日時が変更になりました。
 2014年6月28日(土)に実施です。
 お申し込みいただいていた方、ご検討中の皆様には
 ご迷惑をお掛けして申し訳ございません。
 どうぞおいで下さいませ。
[PR]

by sibamataumare | 2014-04-24 00:06 | 催し物情報

このところ、毎週のように、というか一日置きに講座を開催していました。

d0149411_1957149.jpg

昨日、ご紹介した9日(日)のワカメ刈り講座もさることながら、
(これは風カルチャークラブ主催。0120−987−553)

まずは2月21日(金)の「商店街・門前講座」大山編その2
ハッピーロード大山を歩いて、
旧川越街道が、東京屈指の商店街になる様を実感する講座でした。

それから3月5日(水)は、
「屋形船でめぐる江戸から今へ・東京湾の海岸線をたどる」でした。
あいにくの冷たい雨でしたが、
船内は暖房完備の飲み放題、揚げたて天ぷら盛りだくさん。
船長の平井さんだけが寒い思いをされて、本当に感謝です。

続いて3月7日(金)は、「商店街・門前講座」川崎大師編その1
迫力のお護摩を大本堂で体験し、名物のくず餅をいただきながら、
海辺の寒村がいかに発展してきたかをたどりました。

これはまた14日(金)に、第2回目の川崎大師編を開催予定です。
あら、すぐだわ。

あ、あともうひとつ。
「うらとのウラガワをのぞこう!」〜地域の宝の見つけ方〜報告会。
3月15日(土)に開催します。
宮城県塩竈市の浦戸諸島で、午前中は島歩き&午後にスライドトーク。
こちらは環境省の主催です。
問合せ先:公益財団法人日本交通公社 担当:高橋 03−5255ー6123


とまあ。ご挨拶が遅くなりました。
貴重なお話を聞かせていただきました地元商店やご関係の方々、
川崎大師の皆様、屋形船平井の皆様。
ご参加下さいました受講生の皆様。
そしてNHK文化センターのスタッフの皆様。
本当にどうもありがとうございました。

こうした講座は、実に眞鍋の好奇心のおもむくままに、
自由に開催させていただいております。
そして歴史をたどりつつも、あっちこっちに立ち寄っては話し込み、
何かしら美味しいものをいただき、買い物しているわけです。
もし興味をお持ちになられましたら、どうぞお越し下さい。

4月〜9月の新規受講生も募集中。
●NHK文化センター「商店街・門前町さんぽ講座」
第1金曜日:川越教室049−222−2010
      (横浜ランドマーク教室・さいたまアリーナ教室共催)

第3金曜日:千葉教室043−202−7231(青山教室共催)です。

また、いずれ一日講座を企画する予定でもあります。

どうぞよろしくお願いいたします。



・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・大山での和菓子やあんぱんや海産物総菜
・屋形船の天ぷらや刺身やご馳走の数々
・川崎大師のくずもちと甘酒
・横須賀のワカメとメカブ

それぞれの背景に意味のある食べものをいただく。
真心がこもって本当に美味。
[PR]

by sibamataumare | 2014-03-10 19:57 | 催し物情報

小春日和かと思えば雪が降り、今朝は晴れたが道は凍結。
やっぱり冬だ。

d0149411_8495422.jpg

そんな冬のさなかに先日、小舟で東京港を巡って来た。
少しは春めくかもしれない3月初旬に、
屋形船で講座を開く準備なのだ。
これ、自分でいうのも何だが、おもしろい
一度たどってみたかった、まったくのオリジナルコースなのだ。

江戸時代の大幹線道路、東海道は品川宿の入り江から、
江戸〜明治〜大正〜昭和の海岸線を、埋め立て地の合間を縫って航行し、
それぞれの埋め立て地が造られた時代背景や、使われ方を学ぶ。
つまり、いつもの「江戸から現代までの地図を見比べながら東京歩き」の水上版。
東京港のあっちこっちがオリンピック会場となるらしい、
2020年まで、毎年定点観測してみたいと思っている。

もちろん船内は暖房完備でごちそう&飲み放題。
どうぞおいで下さいませ。

「屋形船でめぐる江戸から今へ」〜東京港の海岸線をたどる〜
主催;NHK文化センター(千葉・青山・川越・横浜・さいたまアリーナ教室共催)
日時:2014年3月4日(火)川越教室 049−222−2010
       3月5日(水)千葉教室 043−202−7231



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・ナポリタン

仕事の合間に急ぎ飯。某駅地下フードコートにて。
匂いにつられて注文したが、案外満足。
[PR]

by sibamataumare | 2014-02-05 08:50 | 催し物情報

1月26日(日)は毎冬恒例の「海苔すき講座」だった。
面白かった。
まあ、まずはお茶でも。

d0149411_1349162.jpg

お天気が怪しそうだと、数日前から気をもんだが、
講師の海苔漁師の高根さんは、
「皆さんが東京を出る頃には降ってるかもしれないが、
10時にはやみます。大丈夫」と、頼もしい。

実際、当日はちゃんと晴れた。
「だけども」と高根さんはいう。
「午後から北風に変わって『しゅうて』が来る」と、再び予言する。
「しゅうて」とは、突然突風が吹き荒れ、雷雨になることらしい。

そんな言葉はつい忘れてしまうほどの、穏やかな日和になった。
と、思いきや、午後2時頃、「雨だ。早く帰った方がいい」
と、高根さんは皆の居る部屋に飛び込んできた。
外に出てみれば、雲はどよんとして、冷たい風が吹き荒れている。

えっ!

幸い、雨はたいしたことは無かったが、
東京湾横断道路アクアラインは、強風のために速度規制。
海上には、どっぷりと真っ黒な雲が空を覆い尽くしていた。
まったく漁師さんの観天望気には、いつも感心するばかりだ。

というわけで、海苔は相変わらず美味しかった。
生海苔の酢の物に汁碗、
自分たちで豪快に巻いたてっぽう巻きを頬張りながら、
海苔づくりについて教えていただいた。
バカガイを茹でて剥くのも、皆で夢中になった。

高根さんご夫妻、
いつもお世話になりっぱなしの地元の皆様、
ご参加下さいました受講者の皆様、
風カルチャークラブのスタッフの皆様
本当にどうもありがとうございました。

たかねさんのブログでもご紹介していただきました。楽しさがあふれ出ています。

こうした貴重な体験やお話を皆さんとうかがえること、嬉しい限りです。
これからもどうぞよろしくお願いいたします。

この風カルチャークラブ「通勤電車で漁師町 都会の台所」講座、
次回は3月9日(日)「横須賀漁師とワカメ刈り」
です。
これもまた、取りたてワカメやメカブを、
豪快に湯通ししてガブリ!
塩揉みして、1年分のワカメお持ち帰りです。

おいで下さいませ。

もひとつお知らせ。
11月開講だった築地市場講座、スタッフの方が開講記を書いて下さいました。
「へぇ〜」と、私が読んでも面白いです。
自分じゃ夢中で、案外覚えていないのですよ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・てっぽう巻き
・茹でバカガイ
・生海苔の酢の物
・生海苔の汁碗
・おばあさんの漬物各種
・菜の花おひたし
・インスタントカフェオレ

海苔にご飯を載せて、削りたてのおかかや漬物などを載せて、
ぐるぐる巻いていただく。
美味。

海苔も米も漬物も、高根さん宅製。
贅沢な暮らしだなあ。こんな美味しいものが日常。
[PR]

by sibamataumare | 2014-01-27 13:56 | 催し物情報

正月気分も、ちょっと一段落。
1月14〜15日は小正月なのだが、都心ではひとっ飛びらしい。
でもまあ、絵馬で少しは気分を盛り上げて。

d0149411_21531799.jpg

村を巡っていた頃には、松飾りをお焚き上げするどんど焼きや
鳥追いなどが行われていたのだが、今もあるんだろうなあ。

ま、ともあれ東京は、すでに節分待ちである。
スーパーマーケットでは、節分商戦の声が喧しい。

最近は恵方巻きなる食べものが、
当然でしょという顔で行事食として君臨しているが、
これも「商戦」のひとつである。

とある海苔問屋が海苔の販売促進のために、
古くから一地方にあった風習に目をつけたのだ。

でもまあ、縁起も良さそうなことだし。

と、いうわけで、恵方巻きの海苔も自分で作ろうじゃないかとのお誘いでございます。
1月26日(日)に木更津の海苔漁師さんに教わって、
磯の香りたっぷりの海苔を手作りします


どうぞおいで下さいませ。

お問い合わせ:風カルチャークラブ 0120−987−553



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・鯛のかぶと煮 長ネギと豆腐添え
・キュウリの漬物
・レバーと白菜の煮物

暮れに築地市場で友人が戦利品を分けてくれた。
鯛の頭が美味で食であり。
感謝。
もちろん夫が調理。
[PR]

by sibamataumare | 2014-01-12 18:42 | 催し物情報

そんな訳で、先日の開放感を抱いたまま、早速来年の仕事の準備が始まった。
新規講座の街を歩き、資料を読んだ。どの仕事もこのロケハン時期が一番楽しい。

d0149411_23512216.jpg


で、来年1月のご案内。
1月26日(日)に、木更津の海苔漁師さんに
昔ながらの海苔づくりを教えていただきます


生海苔を型に流し込んで天日干しする間、
地元の漁師さんたちが、昼の弁当にと海に持参する「てっぽう巻き」を、
皆で作っていただきます。

もちろん採れたて生海苔も食べまくり。

どうぞおいで下さいませ。

お問い合わせ:風カルチャークラブ 0120ー987ー553
       
       


*ブログのシステムが新しくなって、魑魅魍魎。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・寿司
・ミルクコーヒーとジャムトースト
・コーヒー
・エクレアとコーヒーと紅茶

築地市場に二日連続買い出し。
どちらも楽しくて美味。
[PR]

by sibamataumare | 2013-12-29 23:52 | 催し物情報

今日は、築地市場講座の二回目だった。
築地場内/場外市場をぐるぐる回って面白かった。
ま、厚焼き玉子で一息。

d0149411_2213852.jpg

そもそも風カルチャークラブの受講者の方は男性も多いのだが、
今回は何と女性お一人、あとは男性ばかりだった。

これが面白いのだ。
前回は、女性がほとんどだったので、お買い物三昧。
今回も買い物もしたが、
ちと目線が違う。

マグロを切る超長包丁に「これ銃刀法はどうなってんの?」
荷物運搬車のターレットに電動とエンジン車があることを見抜いたり、
買い物は乾きもののつまみ類だったり、
冷や奴に美味な湯葉豆腐だったり。

男と女、同じ物をみても、反応や興味が違うことを実感。
スライドトークもビール片手に、予め仕込んだつまみを堪能しつつリラックス。

また、行きたくなった。

この後、1月の木更津で海苔すき体験3月の横須賀でワカメ刈り体験
お待ちしてまする。

ご参加下さいました皆様、
お忙しい中、貴重なお話をして下さったお店の方々、
スタッフの皆さん、
本当にどうもありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。
まだまだ面白い講座を企画中です。

お問い合わせ:風カルチャークラブ 0120−987−553
[PR]

by sibamataumare | 2013-11-30 22:33 | 催し物情報

ふと気がつけば、今年もあと2ヶ月に迫っている。早いっ! 
そこで正月用買い出しのコツをご案内がてら、
恒例の築地市場を巡るツアーを開催いたします。

d0149411_12315945.jpg

場内・場外を縦横無尽に歩き回り、
私が個人的に毎年買い出しに出かけるおすすめ店をご紹介。
昼食にはひっそり穴場で驚きのちらし寿司(これは別料金)。
午後は築地市場についてのスライドトークを
ご覧いただきながら、ひと息です。

どうぞおいで下さい。

日時:2013年11月16日(土)・30日(土)の2回開催。
お問い合わせ:風カルチャークラブ 0120-987-553

1月には「木更津漁師と海苔漉き」講座、
3月には「横須賀漁師とワカメ刈り」講座を開講予定です。

それから、2013年11月8日(金)の夜、
恥ずかしながらほんの少しだけ出演させていただきます。
番組内容自体もとても面白そうです。
よろしければご覧下さいませ。
ま、要するに「いつもブラブラしている人」の役です。

NHK ETV(教育テレビ) 
「団塊スタイル」散歩特集
2013年11月8日(金)午後8時より。
[PR]

by sibamataumare | 2013-11-02 12:39 | 催し物情報

台風26号で、伊豆大島が甚大な被害を受けた。
大変な思いをされた住民の皆様に、お見舞い申し上げます。
私も何度か訪れた大好きな場所のひとつで、胸が痛む。

d0149411_12431665.jpg

ところで当日、ネット上では伊豆大島の降雨のすさまじさもさることながら、
千葉県が相当な豪雨に見舞われていることが、何度も書き込まれていた。

案の定、東京湾や房総半島でもかなりの被害があったらしい。
翌日、漁師さん方に電話するとやはり「海苔がやられた」という。
木更津海苔漁師の斉藤たかねさんのブログによれば、
木更津の海からは伊豆大島が見えるという。
つまりこの2つの被災地は目視可能なほどの近さなのだ。
テレビで見ているだけでは、ついこの距離感を忘れてしまう。

でもテレビのニュースは、大島一辺倒。
千葉県はせいぜい成田市の寺や駅のことしか伝えていない。

東日本大震災の際にもそうだったし
私たちが知らない「本当はこちらも辛かった」場所が、
きっと日本のあちこちにあるんだろう。

耳を澄まして、目を凝らして、想像力をたくましくして、
大きなメディアが垂れ流す情報だけではない実情に気づきたいと、思う。
また何かの折りにお知らせします。
[PR]

by sibamataumare | 2013-10-21 12:44 | 東京湾

いつものことながら、年の後半になると
「築地市場」関連の仕事が多くなる。
取材や講座、その他自分でも買い出しに行ったり何だのかんだの。

d0149411_19363719.jpg

ごちゃごちゃしているけど、よくよく見ると少しずつ変化していたり、
私自身が新しい店を見つけたりと、行く度に面白くてたまらない。

という訳で、11月16日(土)と30日(土)には、
築地市場歩き講座を開催します。
個人的に好きな店を、やたらと歩き回ります。
我が家の正月用買い出しルートでもあるわけです。
どうぞおいで下さいませ。


その前には「松輪のサバ料理」講座>、
1月には木更津で
「海苔すき体験」講座
3月には横須賀で「ワカメ刈りと塩ワカメ作り体験」講座
東京湾をめぐる講座が目白押しです。
オリンピック会場としてこれから変貌するかもしれない東京湾岸を、
きちんと見ておきたいものです。

お問い合わせ:風カルチャークラブ 0120−987−553


・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・牛肉とキノコのガーリック炒め
・茹で白菜
・海苔
・タラコ
・大根と豆腐のみそ汁
・ユズ大根とキュウリの漬物
・ご飯
・キャラブキ

夫が居ないので自分で夕飯を作ってみた。
すこぶるシンプルだが、これも美味。
[PR]

by sibamataumare | 2013-10-06 19:36 | 東京ぶらぶら