タグ:東京ぶらぶら ( 414 ) タグの人気記事

どれだけしばらくぶりのブログだろう。

と、見てみたら4月が最後だった。失礼しました。
では、再開!


まずは10月からの催し物情報をば。

10月19日(木)「東京写真さんぽ」川越編
カメラ片手にぶらぶらする講座です。
もちろん講師は、夫である写真家:鴇田康則。
眞鍋も町の歴史なんぞを説明しつつ、同行します。
[お問い合わせ先]
よみうりカルチャー自由が丘 03-3723-7100
(http://www.ync.ne.jp/jiyugaoka/kouza/201710-08610685.htm)


10月20日(金)「商店街・門前町歴史さんぽ」佃・月島編
毎月、東京や近郊の商店街を歩き、
新旧地図を眺めながら繁華街がどのように形成されるのかを実感します。
美味しい座学付。
[お問い合わせ]
NHK文化センター青山教室 03-3475-1151
(https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_842557.html)


10月21日(金)「散歩の達人」11月号発売
今回は「大島団地」について取材しています。
よろしかったらご笑読下さいませ。
交通新聞社(http://www.kotsu.co.jp/magazine/sanpo/)




10月22日(日)横浜中央卸売市場「市場まつり」
市場の大々的な一般開放で、お得な買い物やおいしい食事コーナーなど。
その一画で、夫婦で神奈川県の漁港を巡って撮り集めた漁師の写真等が
展示されています。ご覧下さいませ。
クーポン券付の「かながわの魚が食べたい1」というチラシも
私と夫作。当日配布していますので是非是非。
[お問い合わせ]
運営調整課 045-459-3322
(http://www.city.yokohama.lg.jp/keizai/shogyo/orosi/topics/ichibamatsuri2017-poster.pdf)



10月27日(金)「鎌倉江ノ電さんぽ〜地魚ランチと地元食材探訪」
江ノ電を乗り降りしながら、鎌倉漁師のシラス製造現場や地魚をお買い物する講座です。
もちろん、昼食も魚です。
何だか私は水産庁長官任命の「お魚かたりべ」でもあるのです。
[お問い合わせ]
NHK文化センター青山教室 03-3475-1151
(https://www.nhk-cul.co.jp/programs/program_1133341.html)


10月28日(土)「東京湾岸 陸から海から今むかし」水辺の町亀有を歩く
今回は少々内陸ですが、東京湾に続く河川が
舟運や工場建設など。町の形成にどのように影響したのかを
見て歩く予定。もちろんぶらぶら歩きも昼食も楽しみです。
[お問い合わせ]
風カルチャークラブ 0120-987-358
(https://www.kaze-travel.co.jp/oz-k-manaedo20.html)


10月28日(土)スライドトーク「東京湾と相模湾の漁師町を行く」
長年、夫婦でめぐり歩いた江戸前漁師町と湘南の漁師町。
漁師さんたちの仕事ぶりや魚市場の喧噪、水産関係者の証言等、
溜まりに溜まった記録を発表します。18時30分より。入場無料です。
[会場]横浜みなとみらいの「日本丸メモリアルパーク」訓練センター第3教室。


「江戸へ魚を送れ!ー漁場としての横浜の海ー」(10/7~11/26
スライドトーク会場と同じ敷地の横浜みなと博物館にて開催の特別展で
夫・鴇田康則の写真も展示されます。
(http://www.nippon-maru.or.jp/port-museum/pdf/kikakuten1710_1.pdf)



ちなみに11月以降の「東京湾岸 陸から海から今むかし」講座は
11月25日(土)築地市場のある町を行く
(https://www.kaze-travel.co.jp/oz-k-manaedo21.html)
12月16日(土)横浜今昔みなと事情
(https://www.kaze-travel.co.jp/oz-k-manaedo22.html)
[お問い合わせ]風カルチャークラブ 0120-987-358

どうぞよろしくお願いいたします。







[PR]

by sibamataumare | 2017-10-08 00:56 | 催し物情報

さて、巷も正月気分が抜け始め、いいお天気だ。
今年もよろしくお願いいたします。

d0149411_13335762.jpg

ということで、今後の歩く予定。

1月13日(金)寄り道だらけの谷中七福神(後半)
        前半は6日に終了。七福神期間自体も終わっているので、
        町歩き気分でどうぞ。
        ・NHK文化センター青山教室03−3475−1151


1月19日(木)東京写真さんぽ
        新年ですので、神田明神界隈をば。
        3月までの半年講座ですが、途中からもokです。
        ・よみうりカルチャー自由が丘03−3723−7100


1月26日(木)健康まちづくり町あるき
        健康や医療、研究といったテーマで文京区内を歩き続けています。
        今回は、順天堂大学博物館と大学発祥の地、湯島聖堂へ。
        ・市民科学研究室03−5834−8328 
          お問い合わせはメールで


1月28日(土)東京湾岸あるき 陸から海から今むかし
        恒例の木更津漁師さんに昔ながらの海苔すきを教わりにいきます。
        のんびりできて、美味です!
        ・風カルチャークラブ0120−987−358


2月3日(金)商店街・門前町歴史さんぽ
        3月までの半年講座ですが、途中からもokです。
        今回は街頭インタビューのメッカ、新橋界隈に潜入予定。
        NHK文化センター川越教室 049−222−2010


3月12日(日)東京湾岸あるき 陸から海から今むかし
        横須賀漁師とワカメ刈り。
        思いのほか長ーいワカメを茹でたり塩揉みしたり。
        海から採りたての美味しさを実感しましょう。
        ・風カルチャークラブ 0120−987−358


ということで、他にも続々と企画中。
よろしかったらおいで下さいませ。
全部、現地集合・解散です。
よろしくお願いいたします。
[PR]

by sibamataumare | 2017-01-10 13:34 | 催し物情報

気がつけば、あと数日で来年だ。毎年びっくりする。
で、来春2017年早々、七福神めぐりをします。
恒例の「寄り道だらけの谷中七福神」講座です。

d0149411_031780.jpg

何しろ、普通なら3時間ほどで回ってしまえる七福神めぐりを、
丸2日かけてぶらぶらする訳で、
途中、ベリーダンス観ながらトルコ料理を堪能したり、
和風旅館の部屋を貸し切りで、何故か中華料理をいただくという
正月早々おめでたい日々です。

よろしければおいで下さいませ。

日時:2017年1月6日(金)及び13日(金)
お問い合わせ:NHK文化センター青山教室 03−3475−1151
[PR]

by sibamataumare | 2016-12-26 00:08 | 催し物情報

照れくさいので、ちょっとだけ宣伝。
11月18日(金)の「団塊スタイル」という番組
少しだけ出て来るみたいです。
取りあえず相変わらず歩きまくっている訳で。


d0149411_156134.jpg


よろしかったら、ご笑覧下さいませ。

という訳で、今後の歩く話。

11月17日(木)は、「東京写真さんぽ」講座 柴又編
夫で写真家の鴇田康則がメイン講師で、
私もくっついて歩いて町のうんちく喋ってます。
江戸時代からの歴史を誇り、寅さんの柴又はいつ行っても面白いです。

お問い合わせ:よみうりカルチャー自由が丘03−3723−7100






11月18日(金)は、「商店街・門前町歴史さんぽ」講座 亀有編
こち亀作者が生まれた町で、地元の方々にそれぞれのこち亀伝を語っていただいたり、商店街で買い物したりの半日です。

お問い合わせ:NHK文化センター青山教室03−3475−1151





12月2日(金)は、「商店街・門前町歴史さんぽ」講座 湯島編
勉強の神様湯島天神は東京大学のすぐ近く。
医療品問屋街もアカデミックな町かと思うと丘の下は何やら賑やか。
正月初詣や受験のお参りの予行演習&おいしいもの探しです。

お問い合わせ:NHK文化センター川越教室049−222−2010 





12月10日(土)は、「東京湾岸あるき 陸から海から今むかし」講座 日本橋編
江戸初期に佃漁師が江戸城に権上した残りの魚を川岸で売ったのが、
日本橋魚河岸の始まりで、築地市場の前身です。
ここで今も残る名店で正月用品を見つけ、佃漁師が船で通った日本橋川を歩きます。

お問い合わせ:風カルチャークラブ0120−987−358 




ああ、何だかずっと歩いてるなあ。
そしてまだまだ歩きます!

どうぞおいで下さいませ。


あ、もちろん本業の書籍執筆と、
散歩の達人&度の手帖&ジパング倶楽部の次号に向けて
ちゃんと取材中!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・マグロの漬け卵黄入り
・野菜の煮物
・カブのぬか漬け
・ナスとしめじの酢の物
・スズキのカルパッチョ
・肉キノコ炒め
・タラモ
・バケット
・チョコ入りブリオッシュ
・タイヤキ

家族や友人たちの持ち寄りで豪華な夕餉。
あな有りがたや。

BY 食べるの専門家
[PR]

by sibamataumare | 2016-11-12 02:16 | 東京ぶらぶら

先日の東京湾岸歩きは、深川から豊洲埠頭までずんずんと
江戸時代から昭和に至る埋め立て地の変遷を歩いた

面白いほど、時代ごとに風景が紙芝居のように変わるんだな、これが。

d0149411_2319533.jpg

巷で噂の豊洲埠頭なんて、これから町作りますっ!て最中で、
西日に向かってきらめいて何だか近未来的ですらある。
東京はまだまだ面白い所満載だわ。

といいつつ、毎度感心するのは、
このあまりにも微妙な面白みを分かち合って下さる方々が、
どうやらこの世には少しばかりいて、
ちゃんと匂いを嗅ぎ付けて講座に参加して下さることだ。
嬉しくてたまらないのである。

な訳で、まだまだ続きます。
微妙な面白歩き。

次回は「日本橋川をずっと歩いてみる」
江戸初期に隅田川河口に移り住んだ佃の漁師が、
江戸湾で仕留めた魚を江戸城に運んだ川筋だ。

途中、余った魚を日本橋のたもとで販売する許可を得たのが、
日本橋魚市場の始まり。
今も何故か残り香ありで、ここで正月用の美味しいもん探しも。
これがひいては、築地市場になるわけで、
豊洲埠頭に続いて、400年分の市場歩きをしてしまうという訳だ。

もちろん、おいしい昼食付き。
どうぞおいで下さいませ。

「東京湾岸あるき 陸から海から今むかし」
〜日本橋界隈で江戸時代の河岸を歩く〜


日時:2016年12月10日(土)
お問い合わせ:風カルチャークラブ 0120−987−358

[PR]

by sibamataumare | 2016-11-10 23:20 | 催し物情報

今話題の、というか、どうなっちゃってるんだろうの豊洲埠頭。
戦後に完成した東京湾では新しめの埋め立て地だ。
で、歩いてみます。今週土曜日
。よろしかったらご一緒に。

d0149411_23214138.jpg

といっても、いつもの「東京湾岸歩き 陸から今から今むかし」講座だ。
実は埋め立て地の付け根にある豊洲は戦前、
その北側につながる越中島、それから門前仲町でさえ、江戸時代の埋め立て地。
この一帯は、江戸時代に始まる「埋立て先進地」なのだ。

しかも埋立てた場所に「富岡八幡神社」の氏子区域がずんずん広がる。
新天地にどのようにして神様が宿るのかという、
興味深い地域でもある。

以前、月刊誌「散歩の達人」で地元の方々に取材させていただいた行程を
みんなで再び歩いてみる講座です。
先日下見して、埋め立て地ごとの風景の激変ぶりに改めてあっけにとられ、
終点の豊洲埠頭の「今まさに埋め立て地の町製作中」の風景を眺める。
いや、確かに立派な市場だ。見た目は。
(時間によっては新豊洲駅解散で先端までは有志で続行となります)

あ、豊洲の人気食堂で美味なランチ付きです。

どうぞおいで下さいませ。

日時:2016年11月5日(土)門前仲町駅附近集合。

お問い合わせ:風カルチャークラブ0120−987−358

[PR]

by sibamataumare | 2016-11-02 23:21 | 催し物情報

あっという間に暑さ寒さも彼岸までになって
だから袖無しでは涼しいのかなんて気がついた今日この頃。

d0149411_21104989.jpg

怒濤の夏が一段落したら、
散歩の達人10月号「池上線』特集が届いた。
結構、面白そうだ。

私と夫はこの中で、「洗足池水系を全部歩く」をものした。
とにかく水源地から池のほとり、最後までを地形図片手に歩いてみれば、
こりゃ面白い。

それから本誌グラビアページ担当のライターさんやイラストレーターさんと
編集長と編集担当さんで、商店街の座談会もした。
さすが、言葉のプロだなあ、面白いなあと何だか混ぜてもらって嬉しくなった。
後でテープを起こしながら、その楽しい余韻から出られなくなって、
「おともだちがほしいなあ」なんてぽつりとつぶやいてみたりして。

なんて淋しい奴なんだ。


ともあれさっきも書いたが、この3ヶ月間、
あまりにも無我夢中に髪振り乱し過ぎて、
すでに発売済みの作品すらご紹介しそびれていた。

でも大事な大事な散達ですので、
取りあえず、書いときます。

散歩の達人7月号「深川豊洲特集」では「豊洲の商店街」や
「東京湾の埋立てで江東区が増えるたびに、
深川の富岡八幡宮の氏子区域はどのようにして増えていったか」
なんて隙間過ぎる私の一大ライフワーク。

9月号では「柴又・亀有・金町」特集の久々のグラビア担当で、
来る日も来る日も常磐線で通ったら最後にとうとう虹が出た話なんかが、
全部ぶっ飛んでしまっていた。

もしバックナンバーをご覧になれるなら、ぜひぜひご笑読下さいませ。
どれもかなりのめり込みました。


という訳で、この日の私が食べたのは、

・焼き塩鯖
・カボチャと油揚げの煮付け
・キムチ納豆
・花インゲン煮豆
・ご飯
・梨

夫も久しぶりに夕飯を作る余裕の夜。
あな嬉し。
[PR]

by sibamataumare | 2016-09-25 21:27 | 東京ぶらぶら

これは夫の鴇田康則がメインの講師
とにかく写真を撮りながらうろうろしまくる半日です。

d0149411_2334052.jpg

今回は、千住宿を歩きまくります。
私は歴史を語りまくっています。
どうぞおいで下さいませ。
>よみうりカルチャー
  
  
大森   03−5471−6311
  浦和 048−824−5711
  
[PR]

by sibamataumare | 2016-06-24 23:04 | 東京ぶらぶら

おなじみNHK文化センターの定例講座だ。
今期は水辺をめぐり歩いている。
で。7月は浅草。

d0149411_2242351.jpg

何だかいつ見てもリトルドバイみたいな派手な写真だ。

かつて川を舟で運ばれた物資あれこれのおかげで、
浅草や下町には、あんなものこんなものが作られて売られていたのだと、
取材をしながら驚きまくっている最中。

もちろん川岸でお茶&座学&もういっこのお楽しみ付き。
9月には、今度は物資を送り出した川上の町、川越を歩きます。
2回講座としてお申し込みいただけます。

どうぞおいで下さいませ。


お問い合わせ;NHK文化センター
        (第一金曜日)川越教室049-222-2010      
               横浜ランドマーク教室045-224-1110
        (第3金曜日)青山教室03-3475-1151

     *現地集合・解散ですので、どの教室からでもお申し込みいただけます。
[PR]

by sibamataumare | 2016-06-24 22:42 | 東京ぶらぶら

かなり久しぶりに書く。
その間に散達は20周年記念号が3号も発行されしまったが
ちゃんと少々書かせていただいているので、よかったらご覧下され。

d0149411_22231169.jpg

何しろ、夫と私は創刊準備号からのご縁である。
企画内容どころか、紙質やロゴまであーだこーだ良いながら
編集さんやデザイナーさんたちと一緒に盛り上がって、
駄菓子を食べまくったり、毎月東京の駅前旅館に家族で泊まり歩いたり、
何人もの似顔絵描きに顔を描いてもらいまくったりと、
楽しい日々だった。

とにかく「次号はないかもしれない」という緊迫感のもと、
すべて全力を注ぎまくっていた。
あ、これは今も変わらん。

あれからもう20年も経ったのか。
とにかく我が子のように可愛い雑誌なのだ。

おめでとうございます。
心からお喜び申し上げます。

で、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

あ、次の号がもう出ちゃったわい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・きな粉あめ
・くじ引きあめ
・あんこ玉

創刊準備号では、駄菓子屋賭け録を書いたことを思い出した。
駄菓子屋で、繰り広げられる賭け事を追ったのだ。

結構白熱する。
[PR]

by sibamataumare | 2016-06-24 22:24 | 東京ぶらぶら