タグ:散歩の達人 ( 50 ) タグの人気記事

あっという間に暑さ寒さも彼岸までになって
だから袖無しでは涼しいのかなんて気がついた今日この頃。

d0149411_21104989.jpg

怒濤の夏が一段落したら、
散歩の達人10月号「池上線』特集が届いた。
結構、面白そうだ。

私と夫はこの中で、「洗足池水系を全部歩く」をものした。
とにかく水源地から池のほとり、最後までを地形図片手に歩いてみれば、
こりゃ面白い。

それから本誌グラビアページ担当のライターさんやイラストレーターさんと
編集長と編集担当さんで、商店街の座談会もした。
さすが、言葉のプロだなあ、面白いなあと何だか混ぜてもらって嬉しくなった。
後でテープを起こしながら、その楽しい余韻から出られなくなって、
「おともだちがほしいなあ」なんてぽつりとつぶやいてみたりして。

なんて淋しい奴なんだ。


ともあれさっきも書いたが、この3ヶ月間、
あまりにも無我夢中に髪振り乱し過ぎて、
すでに発売済みの作品すらご紹介しそびれていた。

でも大事な大事な散達ですので、
取りあえず、書いときます。

散歩の達人7月号「深川豊洲特集」では「豊洲の商店街」や
「東京湾の埋立てで江東区が増えるたびに、
深川の富岡八幡宮の氏子区域はどのようにして増えていったか」
なんて隙間過ぎる私の一大ライフワーク。

9月号では「柴又・亀有・金町」特集の久々のグラビア担当で、
来る日も来る日も常磐線で通ったら最後にとうとう虹が出た話なんかが、
全部ぶっ飛んでしまっていた。

もしバックナンバーをご覧になれるなら、ぜひぜひご笑読下さいませ。
どれもかなりのめり込みました。


という訳で、この日の私が食べたのは、

・焼き塩鯖
・カボチャと油揚げの煮付け
・キムチ納豆
・花インゲン煮豆
・ご飯
・梨

夫も久しぶりに夕飯を作る余裕の夜。
あな嬉し。
[PR]

かなり久しぶりに書く。
その間に散達は20周年記念号が3号も発行されしまったが
ちゃんと少々書かせていただいているので、よかったらご覧下され。

d0149411_22231169.jpg

何しろ、夫と私は創刊準備号からのご縁である。
企画内容どころか、紙質やロゴまであーだこーだ良いながら
編集さんやデザイナーさんたちと一緒に盛り上がって、
駄菓子を食べまくったり、毎月東京の駅前旅館に家族で泊まり歩いたり、
何人もの似顔絵描きに顔を描いてもらいまくったりと、
楽しい日々だった。

とにかく「次号はないかもしれない」という緊迫感のもと、
すべて全力を注ぎまくっていた。
あ、これは今も変わらん。

あれからもう20年も経ったのか。
とにかく我が子のように可愛い雑誌なのだ。

おめでとうございます。
心からお喜び申し上げます。

で、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

あ、次の号がもう出ちゃったわい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・きな粉あめ
・くじ引きあめ
・あんこ玉

創刊準備号では、駄菓子屋賭け録を書いたことを思い出した。
駄菓子屋で、繰り広げられる賭け事を追ったのだ。

結構白熱する。
[PR]

d0149411_1425975.jpg
いやはやどっぷり時間をかけてしまった4ページ。
散歩の達人で千住あたりの日光道中を歩いてみた
面白かった。よろしかったらご笑読下され。


本当はすごく美味ないなり寿司も食べたが、
お店の方のたっての希望で、ここは秘密だ。
探してみて下さいませ。

やっぱり歴史がどっさり詰まった町だけに、
面白いことが次から次へ。
もう20年間、散達で千住を取材しまくっていたはずが
奥深いなあ。


荒川、広いわ。



あ、それから、この北千住を4月に歩きます。
そのあと半年、東京中をぶらぶら。
よろしければおいで下さい。

「商店街・門前町今昔散歩」講座
NHK文化センター川越教室 049−222−2010
[PR]

このところ、来年の仕事の打ち合わせ続きでドタバタしていた。
で、今朝、ようやく落ち着いて昨日着たセーターを広げて叫んだ。

d0149411_0194982.jpg

虫食い穴だらけではないか。
そういえば朝、一年ぶりに引き出しから引っ張り出して、
ガバッと着込んで出かけたのだ。

この格好で私は、よりによって真面目な場所を訪れ、
背広姿の人たちと、真顔で打ち合わせをしていたのか。

普段から服装には無頓着な私だが、
さすがに反省して、久しぶりに服を買うことにした。
銀行に立ち寄り、本日の打ち合わせ場所、東大に行った。



買ってしまった・・・・・・・

・・・・・古本。

だってすごいレア本だったんだもん。
日本橋魚河岸の本、非売品。
やっぱり、本郷と神保町は怖い町だ。

帰りに喫茶店で食い入るように読みふけって、
「ま、いいか」と思った。
穴はかがろう。


というわけで、
交通新聞社の月刊誌「散歩の達人」1月号発売中
第2特集で「築地市場」についてどっさり書かせていただいた。
表向きはグルメページだが、
長年通った思いを可能な限り詰め込んだ。つもり。
どうぞご笑読下さいませ。

取材にご協力下さいました皆様
本当にありがとうございました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。



それからもういっこ宣伝

この写真担当の鴇田康則の写真講座「東京写真さんぽ」
こちらもどうぞ。
[PR]

by sibamataumare | 2015-12-23 00:26 | 食べもの | Comments(0)

そうそう、散歩の達人だ。
いつも発売日の21日あたりに全然間に合わず、失礼。
今回は、素晴らしい方にお会いした。95歳の現役彫刻家だ。

d0149411_22225897.jpg

いや、絵画から書、仏像のみならず寺のお堂からあれこれまで造ってしまう。
エネルギーたるや凄いのだ。その名も三橋國民さん。

ああ、私たちもこれから何十年もやって行けるではないか。
何だかそんな気にさせて下さる御仁なのだ。

というわけで、ご笑読下され。
町田の自然や農業体験も面白いので、それも書いたわ。
写真はもちろん95歳よりずっと若手。
どろんこ三昧の冒険遊び場も痛快だった。

ちなみに三橋さんが手がけた芝・増上寺のお堂、
たまたま11月のNHK文化センター「商店街・門前町今昔散歩」講座で訪れるので、
特別に拝観させていただくことになった。
これも楽しみ。
よろしかったら、こちらもどうぞ。

元気出る。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・鶏肉のフライ
・豚肉の立田揚げ
・トマトとブロッコリー炒め
・かぼちゃスープ
・新米ご飯

唐津から友人が送ってくれた野菜とお米が美味。
もちろん夫作。
感謝。
[PR]

そうだそうだ、これを書かねば。
月刊誌「散歩の達人」10月号は「神田・神保町特集」

d0149411_115659.jpg

ン十年来、小学館に通い続けた私にとっては、
大好きな町のひとつでもある。
でもって、今回の私と夫のお題は「映画と神保町」

ま、ご笑覧下さいませ。

そして近々、「神保町歩き講座」もいたしまする。
よろしければこちらもどうぞおいで下さいませ。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・じゃがいもとさつまいともにんじんと大根とさつま揚げの煮物
・ポテトサラダ
・キャベツのザワークラウト
・ハンバーグ入りオムレツ
・舞茸とサツマイモの炊き込みご飯

大量にイモ類をいただき、
夫がせっせとおいしい料理。
感謝。
[PR]

暑くてうだうだしているうちに、8月も後半になってしまった。
つまり「散歩の達人」も次号が発売になってしまったのだ。

d0149411_058349.jpg

で、書きたかったのは、もはや前号となった9月号。
「東京百景」特集だ。
いろんな「東京」が、どっさり詰まって面白い。
私たちももちろん関わらせていただいたが、
本を送られてきて初めて「あ、巻頭だったのか」と驚いた。

「『なつかし』の東京は、若いライターにはわからないから」と担当k氏。
はいはい、そうでございましょうよ。
でも楽しゅうございました。やっぱり知らないことがたくさんあるのだ。東京は。

ということで、バックナンバーもよかったらどうぞ。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・まぐろトロロ
・ソーセージ炒り卵
・ポテトサラダ
・なめこと大根の味噌汁
・イカとネギのバター炒め
・ご飯などなど

冷房無し暮らしでも夏バテしないのは、
夫作の栄養たっぷりご飯のお陰。
つくづく感謝。
[PR]

そうだそうだ、散歩の達人が発売中だ。
皆大好きローカル線。
私と夫は鶴見線をくまなく乗り回し、食べて飲んで歩きに歩いた。

d0149411_0501191.jpg


何度行っても楽しいのだ。

取材にご協力下さいました皆様、本当にどうもありがとうございました。

というわけで、読んでね。


・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・沖縄料理と南米料理ともんじゃ焼きと冷や奴、そして海鮮丼。

どれもこれも鶴見線のローカルフードなわけで。
[PR]

ようやく散達の次の原稿が書き終わった。
中身は教えない。

d0149411_2228276.jpg

でもほっとした。反面、その世界が一段落してしまうのが淋しくもある。
いつものことだが。

小さい時から、読みかけの本が終わりに近づくと、
悲しくて先を読めなくなってしまったりしたが、
ロケハンに取材、そして執筆と、
その世界にどっぷりはまり込むのが本当に嬉しくてたまらない。
多分、心から大好きな仕事だ。

んなわけで、その前の、というか、
ただいま発売中の散歩の達人6月号は「鎌倉・江の島特集」
例の如く、漁師さんや漁協におじゃましまくり、
地魚を食べまくりの日々だった。
よかったらご笑読下さいませ。

もう何年も取材させていただいているのだが、
いつ行っても、新しい発見やおもしろいことだらけで、
また現地の皆さんに再会できるのが、これまた嬉しくて。

取材にご協力下さいました皆様、
どうもありがとうございました。
またぜひぜひ!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・アサリとナスの味噌汁
・ラムとキャベツとエリンギ炒め
・トマトとキュウリのサラダ
・イカ刺し
・ご飯

原稿書き終えて帰ってみれば、夫の手料理にほっ。
感謝。
[PR]

by sibamataumare | 2015-06-04 22:29 | 漁師 | Comments(0)

本日は月刊「散歩の達人」2月号の発売日。堂々、喫茶店ばかりどっさりだ。
私と夫は大好きな築地市場の喫茶店をご紹介。
何と営業時間は朝3時から昼までと驚きの世界だ。

d0149411_234318.jpg

どうぞご笑覧下さいませ。

そうそう、築地市場講座もいたしまする。
こちらもどうぞおいで下さいませ。

1月27日(火)
築地市場講座
お問い合わせ:よみうりカルチャー自由が丘03−3723−7100

[PR]