タグ:中古民家主義 ( 117 ) タグの人気記事

今日も職人さんに会いに行った。
胸が詰まった。

あまりにも希有な業種なので、詳細は控えるが、
社長さんいわく
「日本に専門工場は3つしかないといわれています」
という町工場だ。

簡単に言えば、下町によくある金属加工業で、
門を入るとまず住宅、そして庭の奥に平屋の古い木造建築物がある。
これが工場だ。

部屋はいくつかに分かれていて、
一番奥には、トッブ部分に明かり取りの半透明トタンが張られた
高い天井の大部屋がある。
そこには、見るからに重い鉄製のプレス機などが、
行儀よく並んでいた。

最盛期の昭和30年代には、30人もの職工が働いていたというこの場所には、
今は一人の職人さんしかいない。
全ての機械を操れる彼が、ここ数年、
工程に従って、順繰りに機械を動かしているのだ。

そして今月限りで、この工場は取り壊される。
跡地にはアパートを建て、
庭先に小さな作業場を設けて、
小さな機械で出来る作業や組み立てだけを、手がけてゆくことになったのだ。

「正直いって、もう何年も利益は本当に薄いです。
でもうちでしかできない製品なので、続けて来たけど」。

3代目社長は、少し悔しそうに吐露する。
職人がひとりきりなので、機械を動かす電力は微々たるものなのだが、
業務用電力の基本料金が馬鹿にならないそうだ。
そこで、その部分をばっさりとやめ、外注に出すことにした。
そうすることで、製品作りは細々とでも続けられる。
苦肉の決断だ。

職人さんは、15歳の時からもう60年以上、この工場で働いてきた。
写真を撮りたいという夫のために、
仕事の手を休めて、機械の説明をしてくれた。

「これは、プレス機。真鍮の板を何回も絞って成形していくの」
「この棚にあるのは金型。何10種類もあるよ」
「ここで鍛冶仕事もしたよ。ふいごを手回ししてた頃は熱くてねえ」
と、がらんと広い構内を、ひとつひとつ見せてくれた。

そのうち、「写真を撮るなら」と、
わざわざいくつかの機械を動かしてくれた。
動力のモーターは天井近くに設置されていて、
梁の下に棒が渡され、そこから布ベルトが何本か垂れている。
ベルトの反対側には、例の鉄製工具があり、
ひとつのモーターを動かすことによって、
すべての機械へと動力が伝わる形式だ。
「ウマというんだ、この設備は」

何だか、見るからに古めかしい。
昭和25年の創業当時から、これらの機械も職人さんも
ここでこうして活躍してきたのだ。

機械類は、安全装置などの面で、今の規格に合わず、
転売することもできない。
ただ鉄くずになるだけの選択肢しかないという。

「外国に売れば?」というと、社長さんは、
「アジアなんかこそ、もっと良い機械を使ってどんどん生産してますよ」。

社長が去った後も、職人さんは私たちに作業風景を見せてくれた。
「鉄は焼くとヤスリが効かない。でもこの研磨機にかければほら」
と、四角い金属片を半分研磨してくれた。
見事に半分だけつややかになる。

「この機械はすごいんだよね」
私たちから見れば、すっかり古びた工作機だが、
彼にとっては、初めて研磨面を見た驚きが、
そのまま印象づけられた、画期的な機械なのだった。

「もったいないよ。機械が」
とうとう彼は、絞るような声でつぶやいた。
どの機械が好きですか? と、尋ねると、
「どれもいろいろだねえ。機械は使いこなさなければね。使われるんじゃなくて」
「いつ頃から使われなくなるの?」
「いや,今だって完全じゃない。
職人って仕事はいつまでも満足しきれないもんだよ」。

機械といっても、あくまでも人の手助けがなくては動かない。
こっちのねじを締め、こっちの部品をはめて、
と、ひとつ作業をするにしても、準備と微調整に時間もかかる。
でもひとたび、機械に噛み付かれれば大けがをする。
職人と機械、あうんの呼吸だ。

いつしか私には、ここが畜舎で、
通路を挟んで、行儀よく並ぶ黒い機械たちは、従順に頭を垂れる馬か牛、
職人さんは、それらを長年慈しみを込めて育て上げ、
苦肉を共にした同士のように見えてきた。
機械に生命と哀しみを感じたのだ。

「ここがオレの城だな」
職人さんは、小さな机の前に座った。
ひとりで型を抜き、ひとりで絞って成形し、ひとりで研磨した部品の数々を、
ひとつひとつ組み立てていくのが、この場所だ。

椅子のすぐ脇と前後に大きな窓がある。風の通り道だ。
「夏は風がよく抜けるから、暑くはないよ。
でも冬の朝は冷蔵庫だね。ストーブひとつで慣れてるけどさ」

「オレの城」から窓の外に庭が広がる風景を眺めるのも、
あと10日ばかり。

昨日までの湿った空気と一変して、
秋の風で机上の紙が、かすかに揺れた。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・豚肉衣揚げ 大根おろし添え
・豚串揚げ
・小松菜ごまあえ
・シジミのみそ汁
・つき出しはニラのお浸し
・肉豆腐 カラシ添え

工場帰りに、夫の大好きな下町の某飲み屋へ。
美味だし、窓から垣間見える庭が最高。

[PR]

by sibamataumare | 2012-09-20 23:59 | 東京ぶらぶら

「中古民家主義」に続いて、
散歩の達人誌で連載させていただいた「商店遺産」。
毎月本当に楽しく取材させていただいて歩いたのだが、
残念ながら終了。

d0149411_23425270.jpg


これは散達創刊当時からの、念願の企画であり、
まだまだ訪れてみたい商店や、
声をかけて下さった店が、いくらでもあるので、
思い切って皆さんと取材に出かける「商店ツアー」を、
あっちこっちで開催してしまうことにしました。

ただいま、各地でお願いに上がっていますので、
詳細が決まり次第、お誘いいたします。

これまで行ってきた中古民家主義ツアー同様、
これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

ではでは。
[PR]

by sibamataumare | 2011-09-07 23:40 | 中古民家主義

今回の中古民家主義ツアー&スライドトークは、
昨日お知らせした通り、昭和の町歩きです。

詳細は、着々と練り込み中。

おいで下さいませ。

[PR]

by sibamataumare | 2010-09-17 23:36 | 催し物情報

誠にお久しぶりでありますが、
「中古民家主義ツアー&スライドトーク」をします!

その名も「トキワ荘の時代を歩く」。
豊島区南長崎界隈の、昔ながらの商店や木賃アパートなど、
昭和20年代後半から30年代の面影がたっぷり残る町を歩くツアーです。

手塚治虫氏や赤塚不二夫氏らが、
トキワ荘という木賃アパートで、
漫画家として青春時代を過ごしたその町が、
当時、どのような生活ぶりだったのかを、検証します。

スライドトークの会場が小さめなので、
定員は約10名。
もし、希望者多数なら、追加ツアーなどを考えます。
どうぞお越し下さいませ。

・開催日時 2010年10月2日(土) 午後2〜3時半(ツアー)
                  午後4〜6時(スライドトーク)
・場所 豊島区南長崎2〜3丁目 (集合場所は後ほどお知らせします)
   (西武池袋線椎名町駅下車約7分 或は目白駅よりバス)
・参加費 1000円(当日集金/要予約)

ご希望の方は、このブログのコメント欄に、
「非公開コメント」を設定の上、
お名前・参加人数・ご連絡先を、お知らせ下さい。

どうぞよろしくお願いいたします。




[PR]

by sibamataumare | 2010-09-16 22:50 | 中古民家主義

都内の神社建築を巡る勉強会に行ってきた。
江戸時代の神社建築が、奇跡的に残る根津神社に
乃木将軍の自宅の一画に建立された乃木神社。
中でもグイッと引き込まれたのは、渋谷区東にある氷川神社だった。

ここは都心にありながら、約4000坪もの境内地を持ち、
丘の上にこんもりと鎮守の森がある。
古くからの氏神さまだが、昭和13年に造営された本殿・幣殿・拝殿は、
台湾ひのきをふんだんに使った美しい木造建築だ。
専門家の方によれば、台湾ひのきは日本のより脂分が多くて
外気に当たる場所では強くてよいのだそうだ。

私が何に驚いたかといえば、
まず、拝殿入り口が大きな木枠のガラス戸だったことだ。
そして内部の格天井もどこか変わっていて、
幣殿の格天井の両側には、
外部の庇(下屋)が室内まで食い込んだような不思議な造り。
専門家の方によれば「化粧垂木天井」というのだそうだ。

絢爛豪華な根津神社とはうって変わって、
渋い茶色に変化した白木造りで彩りは全くないのだが、
木と木を組み合わせることで生まれる美しさ。
どこか洒落ている。

大きなガラス戸、落ち着いたハイカラさがありながら、荘厳。
うーん、どこかで・・・と、考えていたら、
大田区の川端龍子画伯のアトリエを訪れた時と、同じ空気感を思い出した。
家に帰って調べてみれば、
奇しくもこのアトリエも、昭和13年に建築されているのだ。
時代性というものがあるのだろうか。

それから池袋にある自由学園明日館。
ここは大正10年築で、
しかもアメリカ人のフランク・ロイド・ライト設計なのだが、
白木をふんだんに使って組み合わせた独特な空間が、
どこかこの神社に似ているような気がした。

でも、ここは日本古来の伝統を重んじる神社建築。
私の思い過ごしかと思いきや、
帰りがけに専門家と覚しき方々が、口々に、
「ほお、ここはモダンですな」「これはすごい」と、
感心することしきり。

つい「どの部分がモダンなのですか?」と、尋ねると、
「格天井から壁へのつながりや、拝殿と幣殿との大きさのバランスとか・・・」
と、いろいろと教えて下さった。

聞けばこの神社の氏子区域は、恵比寿や白金、麻布界隈。
神社にまでハイカラさをちゃんと取り入れているところが、さすがだ。

そして、大正から昭和初期にかけての建築物の、
のびやかな美しさには、
いつも惚れ惚れしてしまう。

いや面白かった。
もっと調べてみたくなった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・豚肉とオキアミのお好み焼き
・ネギと牡蠣のチヂミもどき
・白菜の漬け物
など

家に帰ってお好み焼きをコタツで食べて温まる。

[PR]

by sibamataumare | 2010-02-19 22:05 | 中古民家主義

3月の催しの準備のため、池袋にある豊島区役所へ行った。
実際に使う部屋は、別館の新しい建物なのだが、
区役所は古めかしい。
といっても、歴史的建造物って感じでもなく、
中古民家主義者としては、かなりそそられる。

ちょっと調べてみたところ、昭和36年の建築で、
23区内で現存する最後の旧庁舎らしい。

でも単なるボロなのかと思ったが、
道路の反対側からじっくり眺めると、
かなり美しい建造物なのだ。
ほこりを払うだけで、随分見違えるだろうに。

区役所には、たいてい食堂やちょっとした喫茶室があったりする。
豊島区役所のはどこかと、案内図を眺めると、
地下に「売店」を発見。
早速行ってみた。

するといかにも舞台裏ですよっていう感じの地下室の一角に、
イスとテーブルが,素っ気なく3つ並んでおり、
その奥に菓子や飲料を細々と並べる売店があった。

さすがにただ座るのも申し訳ないので、何か買おうと覗いてみた。
お茶を一人前飲み干す自信はないから、
何か食べものだ。

やがて棚にひとくち大のチョコが何種類かあるのを発見した。
その中に森永エンゼルパイの極小袋があった。
しかも20円とある。
思わずこれを買い込んで、イスに座っていただいた。
小さくて甘さもほどほど。
何だか良い感じのひとときだ。
このビルに合ってる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・おでん
・ご飯

昨日の餃子の具の残りを、夫が揚げておでんの具にしていた。
山芋入りでふわりと美味。

[PR]

by sibamataumare | 2010-02-08 23:40 | 東京ぶらぶら

その夜は、友人宅を訪ねた。
居合わせたのは、親御さんの工務店&解体屋で働く若者だった。
これが面白い。

「古い日本家屋って、釘をあんまり使わずに、
複雑に木を組み合わせてあるんだけど、
ある一カ所を外せば、パタパタと柱が倒れてくるんだよ。
その場所を探すのがコツなんだよね」とか、
この前見た古い旅館の風呂場が、細かいモザイクタイル張りだったと話すと、
「あれは壊しにくいんだよ。少しずつコツコツや割らなくちゃなんなくてさ」とか、
「以前は、家具や掛け軸や食器まで全部そのままの家が多かったけど、
最近はリサイクル業者が先に入っていたり、
分別して捨てて空っぽの家が多い」とか、
何しろ斬新な視線のコメントの数々が、面白くてたまらないのだ。

そもそも私たちが訪ね歩いた中古民家の持ち主からは、
「解体費用が高くて、壊せないからそのままでいる」
という言葉が、いくつも聞かれた。
私たちは「建てること」や「修繕すること」にしか、目がいかないが、
実は「壊すこと」も、さまざまな面で、文化に大きく係わっているのだ。

そして彼らは、私たちよりよほどたくさんの「中古民家」を、
それこそ外から内から、時には家庭の内情まで、
日々見つめ続けている専門家なのだ。

昼間の私のにわか文化人ぶりをあざ笑われるような話ばかりだか、
彼らの仕事や体験もまた、今に生きる「文化」のひとつに違いない。
もっともっと聞きたくなった。

話を聞きながら、昼間訪れた大名家の美術館のことを思い出した。
ああした美しい建物や蔵書や美術品が、今に生きているということは、
明治維新や戦災や地震やバブルなど、
数々の危機を乗り越えた、ある種の奇跡なのだ。
託された方々は、どれだけの力を注いできたのだろうと、
改めて、しみじみ感じた。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・鍋(後から行って残り物なので具体的な内容は不明)
・刺身
・なまり節と小松菜とこんにゃくと厚揚げの煮物
・タクワン古漬け
・おにぎり
などなど

下の3つは、私が急遽作って持って行った品。
楽しいひととき。

[PR]

by sibamataumare | 2010-02-06 20:09 | 東京ぶらぶら

おかげさまで、本日の中古民家主義スライドトーク&本郷ツアーは、
無事終了。
ご参加下さった皆さま ご協力いただきました方々、
鳳明館本館のおかみさん、市民科学研究室の上田さん
本当にどうもありがとうございました。

今日もまたまた楽しかった。
いつもながら、それぞれに事情通の方々が参加されていて、
どんどん詳しいお話を聞かせていただく。
したり顔で、浅い東大の歴史をご披露していたら、
あろうことか、職員の方が参加していらした。
もっといろいろお話を聞きたかったなあ。

東大のいちょうは、まだだいぶ残っていて美しい景色だったし、
飛び込みでうかがった金魚屋さんは、なんと350年の歴史があるという。
現在の東大敷地が加賀の大名屋敷だった頃、
金魚を納めていたそうだ。
金魚はその場の気を良くするそうで、
この金魚屋さんもとても気が良い場所なのだそうだ。

と、相変わらず中古民家からは脱線続きで、
相変わらず「急げ急げ」の道筋で、
坂道を上ったり下りたりと、強行軍の一日だった。
それでもご一緒して下さった皆さまに感謝。

という訳で、11月〜12月にどたばたと続いたイベントは、
今年度は今日を以て無事全部終了。
本当に、皆さまには、感謝感謝です。

いろいろなテーマで、何年も続けているスライドトークですが、
いつまでたってもどたばたのまま。
でも、自分でもこんなことができるのか、と、
毎回嬉しく、皆さまとお話できるのが、これまた楽しく、
これからも、どんどん催し物を考えていますので、
どうぞよろしくお願いいたします。

まずは御礼まで。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・なんとかマッシュルームカレー&バターチキン&タンドリーチキン
 &ダールサラダ&ナン&チャイ

中古民家主義へのいざない後の打ち上げは、カレー屋。
店の裏手にまさに中古民家を改造したピンク色の離れがあり、
そこでゆったり皆で食事。

[PR]

by sibamataumare | 2009-12-12 23:59 | 催し物情報

明日は、今年最後の催し、
「中古民家主義へのいざない・本郷編 スライドトーク&ツアー」。
晴れるといいな。

東京を離れていて、遅くなりましたが
(先日、外から書き込んだはずがUPされませんでした とほほ・・・・・)
ご参加の皆さまへの業務連絡です。

12月12日(土) 午後1時45分 受付開始
         午後2時 ツアー出発
         午後4時頃から、市民科学研究室にてスライドトーク開始
参加費 1000円

集合場所は、市民科学研究室
(文京区本郷6−18−1 東大正門前のそば店「まるそ」の路地入り右手すぐ)
 南北線東大前から徒歩6分 丸の内線/大江戸線本郷三丁目から徒歩8分)
詳しくは、市民科学研究室のHPをご覧下さい。

当日は2時間たっぷり歩きます。坂道の上り下りも多いです。
歩きやすい靴や服装をおすすめします。

また、スライドトーク会場は手狭ですので、立ち見の可能性もあります。
あらかじめご了承下さいませ。

どうぞよろしくお願いいたします。

 
地方取材が重なっていて、メールの確認が不確かだったため、
お申し込みいただいたのに、私からお返事をしそびれた方には、
申し訳ございませんでした。

ちゃんとリストには書かせていただいておりますので、
どうぞおいで下さいませ。

明日、皆さまにお目にかかれますことを楽しみにしています。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・ウニ丼

うふふ 美味。

[PR]

by sibamataumare | 2009-12-11 22:33 | 中古民家主義

おかげさまで、本日の中古民家主義スライドトーク&本郷ツアー
第一弾が、つつがなく終了した。
楽しかった。

数日前まで数人しか申し込みなく、
ひっそりのつもりだったのに、
あっという間に十数人。
なんとか雨も降らず、にぎやかだった。

「地元」の方数名、「この町が好きでよく歩く」方数名、
「建築関係」数名が入り交じり、
毎度の事ながら、「浅いっ!」とお叱りを受けたらどうしようと、
内心ひやひやしたり、まあ、いいかと最初から白状してみたり。

かなりの強行軍で歩き回ったが、東大構内の紅葉と
いちょう並木の美しさには、ためいきが漏れた。

ご参加いただきました皆さま、ツアーにご協力いただきました方々、
鳳明館の皆さま、市民科学研究室の上田さん、
本当にどうもありがとうございました。

どうぞこれからもよろしくお願いいたします。

と書いたところで、外は雨音が強くなる。
よかった。
間に合って。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・エビのココナッツカレー&ナン&チャイ
・タマネギのスライス スパイスがけ

終了後、皆さんと近所のインド料理店へ

[PR]

by sibamataumare | 2009-11-29 21:40 | 催し物情報