先日の東京湾岸歩きは、深川から豊洲埠頭までずんずんと
江戸時代から昭和に至る埋め立て地の変遷を歩いた

面白いほど、時代ごとに風景が紙芝居のように変わるんだな、これが。

d0149411_2319533.jpg

巷で噂の豊洲埠頭なんて、これから町作りますっ!て最中で、
西日に向かってきらめいて何だか近未来的ですらある。
東京はまだまだ面白い所満載だわ。

といいつつ、毎度感心するのは、
このあまりにも微妙な面白みを分かち合って下さる方々が、
どうやらこの世には少しばかりいて、
ちゃんと匂いを嗅ぎ付けて講座に参加して下さることだ。
嬉しくてたまらないのである。

な訳で、まだまだ続きます。
微妙な面白歩き。

次回は「日本橋川をずっと歩いてみる」
江戸初期に隅田川河口に移り住んだ佃の漁師が、
江戸湾で仕留めた魚を江戸城に運んだ川筋だ。

途中、余った魚を日本橋のたもとで販売する許可を得たのが、
日本橋魚市場の始まり。
今も何故か残り香ありで、ここで正月用の美味しいもん探しも。
これがひいては、築地市場になるわけで、
豊洲埠頭に続いて、400年分の市場歩きをしてしまうという訳だ。

もちろん、おいしい昼食付き。
どうぞおいで下さいませ。

「東京湾岸あるき 陸から海から今むかし」
〜日本橋界隈で江戸時代の河岸を歩く〜


日時:2016年12月10日(土)
お問い合わせ:風カルチャークラブ 0120−987−358

[PR]

# by sibamataumare | 2016-11-10 23:20 | 催し物情報

今話題の、というか、どうなっちゃってるんだろうの豊洲埠頭。
戦後に完成した東京湾では新しめの埋め立て地だ。
で、歩いてみます。今週土曜日
。よろしかったらご一緒に。

d0149411_23214138.jpg

といっても、いつもの「東京湾岸歩き 陸から今から今むかし」講座だ。
実は埋め立て地の付け根にある豊洲は戦前、
その北側につながる越中島、それから門前仲町でさえ、江戸時代の埋め立て地。
この一帯は、江戸時代に始まる「埋立て先進地」なのだ。

しかも埋立てた場所に「富岡八幡神社」の氏子区域がずんずん広がる。
新天地にどのようにして神様が宿るのかという、
興味深い地域でもある。

以前、月刊誌「散歩の達人」で地元の方々に取材させていただいた行程を
みんなで再び歩いてみる講座です。
先日下見して、埋め立て地ごとの風景の激変ぶりに改めてあっけにとられ、
終点の豊洲埠頭の「今まさに埋め立て地の町製作中」の風景を眺める。
いや、確かに立派な市場だ。見た目は。
(時間によっては新豊洲駅解散で先端までは有志で続行となります)

あ、豊洲の人気食堂で美味なランチ付きです。

どうぞおいで下さいませ。

日時:2016年11月5日(土)門前仲町駅附近集合。

お問い合わせ:風カルチャークラブ0120−987−358

[PR]

# by sibamataumare | 2016-11-02 23:21 | 催し物情報

すみません、この講座は都合により中止となりました。
またぜひぜひよろしくお願いいたします。

眞鍋じゅんこ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


このところ、あっちこっち歩き回る講座は月に5回以上と、
本当に歩きまくっているのだが、
今度はつくば山に行く予定。

ロケハンしたら妙な面白さで、その上往年の門前町北条はまた渋い。

秋葉原からつくばエクスプレスで一直線に46分の
終点つくば駅からバスに乗り、
ケーブルカーやロープウェイを駆使して、
山道もちょいと歩いてお参りして
昭和の色濃い参道の店をのぞいて、北条へ。

どうぞおいで下さいませ。

日時:2016年11月8日(火)

お問い合わせ:NHK文化センター水戸教室 029−233−1715

[PR]

# by sibamataumare | 2016-10-22 09:07 | 催し物情報

あっという間に暑さ寒さも彼岸までになって
だから袖無しでは涼しいのかなんて気がついた今日この頃。

d0149411_21104989.jpg

怒濤の夏が一段落したら、
散歩の達人10月号「池上線』特集が届いた。
結構、面白そうだ。

私と夫はこの中で、「洗足池水系を全部歩く」をものした。
とにかく水源地から池のほとり、最後までを地形図片手に歩いてみれば、
こりゃ面白い。

それから本誌グラビアページ担当のライターさんやイラストレーターさんと
編集長と編集担当さんで、商店街の座談会もした。
さすが、言葉のプロだなあ、面白いなあと何だか混ぜてもらって嬉しくなった。
後でテープを起こしながら、その楽しい余韻から出られなくなって、
「おともだちがほしいなあ」なんてぽつりとつぶやいてみたりして。

なんて淋しい奴なんだ。


ともあれさっきも書いたが、この3ヶ月間、
あまりにも無我夢中に髪振り乱し過ぎて、
すでに発売済みの作品すらご紹介しそびれていた。

でも大事な大事な散達ですので、
取りあえず、書いときます。

散歩の達人7月号「深川豊洲特集」では「豊洲の商店街」や
「東京湾の埋立てで江東区が増えるたびに、
深川の富岡八幡宮の氏子区域はどのようにして増えていったか」
なんて隙間過ぎる私の一大ライフワーク。

9月号では「柴又・亀有・金町」特集の久々のグラビア担当で、
来る日も来る日も常磐線で通ったら最後にとうとう虹が出た話なんかが、
全部ぶっ飛んでしまっていた。

もしバックナンバーをご覧になれるなら、ぜひぜひご笑読下さいませ。
どれもかなりのめり込みました。


という訳で、この日の私が食べたのは、

・焼き塩鯖
・カボチャと油揚げの煮付け
・キムチ納豆
・花インゲン煮豆
・ご飯
・梨

夫も久しぶりに夕飯を作る余裕の夜。
あな嬉し。
[PR]

# by sibamataumare | 2016-09-25 21:27 | 東京ぶらぶら

怒濤の取材と執筆の日々が一段落した。
ほっとした。

d0149411_21193215.jpg

気がつけば、ブログは6月で止まっていた。
「本業が終わるまで書いてはいけない」と自分を戒めていたら、
いつのまにか3ヶ月が過ぎていたのだ。
驚いた。

息継ぎ無しで頑張りまくったら、3km潜水で泳いでました、みたいな感じ。

ああ、だから渾身のあの講座もこの催しも全てご紹介する前に終わっていた。
また、いろいろ書きます。

といっても、明日からまた次の仕事だ。
さあ、行くぞ!
本当に好きなんだなあ。



で、虫の声が聞こえる。

ちょっと前まで喧しい蝉だったが。
[PR]

# by sibamataumare | 2016-09-25 21:21 | ひとりごと

これは夫の鴇田康則がメインの講師
とにかく写真を撮りながらうろうろしまくる半日です。

d0149411_2334052.jpg

今回は、千住宿を歩きまくります。
私は歴史を語りまくっています。
どうぞおいで下さいませ。
>よみうりカルチャー
  
  
大森   03−5471−6311
  浦和 048−824−5711
  
[PR]

# by sibamataumare | 2016-06-24 23:04 | 東京ぶらぶら

おなじみNHK文化センターの定例講座だ。
今期は水辺をめぐり歩いている。
で。7月は浅草。

d0149411_2242351.jpg

何だかいつ見てもリトルドバイみたいな派手な写真だ。

かつて川を舟で運ばれた物資あれこれのおかげで、
浅草や下町には、あんなものこんなものが作られて売られていたのだと、
取材をしながら驚きまくっている最中。

もちろん川岸でお茶&座学&もういっこのお楽しみ付き。
9月には、今度は物資を送り出した川上の町、川越を歩きます。
2回講座としてお申し込みいただけます。

どうぞおいで下さいませ。


お問い合わせ;NHK文化センター
        (第一金曜日)川越教室049-222-2010      
               横浜ランドマーク教室045-224-1110
        (第3金曜日)青山教室03-3475-1151

     *現地集合・解散ですので、どの教室からでもお申し込みいただけます。
[PR]

# by sibamataumare | 2016-06-24 22:42 | 東京ぶらぶら

かなり久しぶりに書く。
その間に散達は20周年記念号が3号も発行されしまったが
ちゃんと少々書かせていただいているので、よかったらご覧下され。

d0149411_22231169.jpg

何しろ、夫と私は創刊準備号からのご縁である。
企画内容どころか、紙質やロゴまであーだこーだ良いながら
編集さんやデザイナーさんたちと一緒に盛り上がって、
駄菓子を食べまくったり、毎月東京の駅前旅館に家族で泊まり歩いたり、
何人もの似顔絵描きに顔を描いてもらいまくったりと、
楽しい日々だった。

とにかく「次号はないかもしれない」という緊迫感のもと、
すべて全力を注ぎまくっていた。
あ、これは今も変わらん。

あれからもう20年も経ったのか。
とにかく我が子のように可愛い雑誌なのだ。

おめでとうございます。
心からお喜び申し上げます。

で、これからもどうぞよろしくお願いいたします。

あ、次の号がもう出ちゃったわい。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・きな粉あめ
・くじ引きあめ
・あんこ玉

創刊準備号では、駄菓子屋賭け録を書いたことを思い出した。
駄菓子屋で、繰り広げられる賭け事を追ったのだ。

結構白熱する。
[PR]

# by sibamataumare | 2016-06-24 22:24 | 東京ぶらぶら

もひとつあった。夫がメイン講師の「東京写真さんぽ」
これもじわじわ面白い。で、今月は新緑さわやか且つ霊場の武蔵御嶽山に遠出の巻。

d0149411_2374371.jpg

例の如く私はその土地の歴史やうんちく担当。
鴇田や受講者の方々のの足の赴くままに
撮影ポイントを歩いては立ち止まり、
路地にさまよい込んだり買い食いしたり。

人は同じところを歩いて、同じ物を見ているようで、
皆それぞれの世界にいるのだと、実感する面白いひとときです。
終了後は何故かその土地のB級っぽい昼食でまたひとしきり。

もちろんカメラ持参必須なので、ひと味違った楽しさの講座です。
講評はFacebook上で。
どうぞおいで下さいませ。

お問い合わせ:よみうりカルチャー自由が丘03−3723−7100
 「東京写真さんぽ〜武蔵御嶽山」               
毎週第3木曜日午前。5月は19日。
[PR]

# by sibamataumare | 2016-05-05 02:39 | 催し物情報

20年以上、東京湾を巡り歩く私たち夫婦にとって、
もはや第二の故郷みたいな気分になる「羽田」という漁師町。
ぶらぶら歩いて、顔見知りの漁師さんに会えると嬉しくなります。

d0149411_27750.jpg

2020年の東京オリンピックや羽田空港拡張など、
陸の私たちが気がつかないうちに、
東京湾岸はじわじわと変化しています。
そこで毎月、湾岸のどこかを訪れ、漁師さんや地元の方々にお話をうかがい、
新旧地図を見比べながら歩き回ります。

もちろん、昼食は魚料理で、とにかく歩く一日。
私たちの講座の中でも、のめり込み度随一の講座です。

よろしければおいで下さいませ。

お問い合わせ:風カルチャークラブ 0120−987−358
2016年5月22日(日)
「東京湾岸あるき 陸から海から今むかし」
〜23区唯一の漁師町風情・羽田を歩く〜

[PR]

# by sibamataumare | 2016-05-05 02:09 | 催し物情報