<   2016年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

照れくさいので、ちょっとだけ宣伝。
11月18日(金)の「団塊スタイル」という番組
少しだけ出て来るみたいです。
取りあえず相変わらず歩きまくっている訳で。


d0149411_156134.jpg


よろしかったら、ご笑覧下さいませ。

という訳で、今後の歩く話。

11月17日(木)は、「東京写真さんぽ」講座 柴又編
夫で写真家の鴇田康則がメイン講師で、
私もくっついて歩いて町のうんちく喋ってます。
江戸時代からの歴史を誇り、寅さんの柴又はいつ行っても面白いです。

お問い合わせ:よみうりカルチャー自由が丘03−3723−7100






11月18日(金)は、「商店街・門前町歴史さんぽ」講座 亀有編
こち亀作者が生まれた町で、地元の方々にそれぞれのこち亀伝を語っていただいたり、商店街で買い物したりの半日です。

お問い合わせ:NHK文化センター青山教室03−3475−1151





12月2日(金)は、「商店街・門前町歴史さんぽ」講座 湯島編
勉強の神様湯島天神は東京大学のすぐ近く。
医療品問屋街もアカデミックな町かと思うと丘の下は何やら賑やか。
正月初詣や受験のお参りの予行演習&おいしいもの探しです。

お問い合わせ:NHK文化センター川越教室049−222−2010 





12月10日(土)は、「東京湾岸あるき 陸から海から今むかし」講座 日本橋編
江戸初期に佃漁師が江戸城に権上した残りの魚を川岸で売ったのが、
日本橋魚河岸の始まりで、築地市場の前身です。
ここで今も残る名店で正月用品を見つけ、佃漁師が船で通った日本橋川を歩きます。

お問い合わせ:風カルチャークラブ0120−987−358 




ああ、何だかずっと歩いてるなあ。
そしてまだまだ歩きます!

どうぞおいで下さいませ。


あ、もちろん本業の書籍執筆と、
散歩の達人&度の手帖&ジパング倶楽部の次号に向けて
ちゃんと取材中!



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・マグロの漬け卵黄入り
・野菜の煮物
・カブのぬか漬け
・ナスとしめじの酢の物
・スズキのカルパッチョ
・肉キノコ炒め
・タラモ
・バケット
・チョコ入りブリオッシュ
・タイヤキ

家族や友人たちの持ち寄りで豪華な夕餉。
あな有りがたや。

BY 食べるの専門家
[PR]

by sibamataumare | 2016-11-12 02:16 | 東京ぶらぶら

先日の東京湾岸歩きは、深川から豊洲埠頭までずんずんと
江戸時代から昭和に至る埋め立て地の変遷を歩いた

面白いほど、時代ごとに風景が紙芝居のように変わるんだな、これが。

d0149411_2319533.jpg

巷で噂の豊洲埠頭なんて、これから町作りますっ!て最中で、
西日に向かってきらめいて何だか近未来的ですらある。
東京はまだまだ面白い所満載だわ。

といいつつ、毎度感心するのは、
このあまりにも微妙な面白みを分かち合って下さる方々が、
どうやらこの世には少しばかりいて、
ちゃんと匂いを嗅ぎ付けて講座に参加して下さることだ。
嬉しくてたまらないのである。

な訳で、まだまだ続きます。
微妙な面白歩き。

次回は「日本橋川をずっと歩いてみる」
江戸初期に隅田川河口に移り住んだ佃の漁師が、
江戸湾で仕留めた魚を江戸城に運んだ川筋だ。

途中、余った魚を日本橋のたもとで販売する許可を得たのが、
日本橋魚市場の始まり。
今も何故か残り香ありで、ここで正月用の美味しいもん探しも。
これがひいては、築地市場になるわけで、
豊洲埠頭に続いて、400年分の市場歩きをしてしまうという訳だ。

もちろん、おいしい昼食付き。
どうぞおいで下さいませ。

「東京湾岸あるき 陸から海から今むかし」
〜日本橋界隈で江戸時代の河岸を歩く〜


日時:2016年12月10日(土)
お問い合わせ:風カルチャークラブ 0120−987−358

[PR]

by sibamataumare | 2016-11-10 23:20 | 催し物情報

今話題の、というか、どうなっちゃってるんだろうの豊洲埠頭。
戦後に完成した東京湾では新しめの埋め立て地だ。
で、歩いてみます。今週土曜日
。よろしかったらご一緒に。

d0149411_23214138.jpg

といっても、いつもの「東京湾岸歩き 陸から今から今むかし」講座だ。
実は埋め立て地の付け根にある豊洲は戦前、
その北側につながる越中島、それから門前仲町でさえ、江戸時代の埋め立て地。
この一帯は、江戸時代に始まる「埋立て先進地」なのだ。

しかも埋立てた場所に「富岡八幡神社」の氏子区域がずんずん広がる。
新天地にどのようにして神様が宿るのかという、
興味深い地域でもある。

以前、月刊誌「散歩の達人」で地元の方々に取材させていただいた行程を
みんなで再び歩いてみる講座です。
先日下見して、埋め立て地ごとの風景の激変ぶりに改めてあっけにとられ、
終点の豊洲埠頭の「今まさに埋め立て地の町製作中」の風景を眺める。
いや、確かに立派な市場だ。見た目は。
(時間によっては新豊洲駅解散で先端までは有志で続行となります)

あ、豊洲の人気食堂で美味なランチ付きです。

どうぞおいで下さいませ。

日時:2016年11月5日(土)門前仲町駅附近集合。

お問い合わせ:風カルチャークラブ0120−987−358

[PR]

by sibamataumare | 2016-11-02 23:21 | 催し物情報