<   2013年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

台風26号で、伊豆大島が甚大な被害を受けた。
大変な思いをされた住民の皆様に、お見舞い申し上げます。
私も何度か訪れた大好きな場所のひとつで、胸が痛む。

d0149411_12431665.jpg

ところで当日、ネット上では伊豆大島の降雨のすさまじさもさることながら、
千葉県が相当な豪雨に見舞われていることが、何度も書き込まれていた。

案の定、東京湾や房総半島でもかなりの被害があったらしい。
翌日、漁師さん方に電話するとやはり「海苔がやられた」という。
木更津海苔漁師の斉藤たかねさんのブログによれば、
木更津の海からは伊豆大島が見えるという。
つまりこの2つの被災地は目視可能なほどの近さなのだ。
テレビで見ているだけでは、ついこの距離感を忘れてしまう。

でもテレビのニュースは、大島一辺倒。
千葉県はせいぜい成田市の寺や駅のことしか伝えていない。

東日本大震災の際にもそうだったし
私たちが知らない「本当はこちらも辛かった」場所が、
きっと日本のあちこちにあるんだろう。

耳を澄まして、目を凝らして、想像力をたくましくして、
大きなメディアが垂れ流す情報だけではない実情に気づきたいと、思う。
また何かの折りにお知らせします。
[PR]

by sibamataumare | 2013-10-21 12:44 | 東京湾 | Comments(4)

今日は、「商店街さんぽ」講座築地場外市場編のその2だった。
面白かった。
まあ、今日もまたまた寿司食いねえ。

d0149411_2113658.jpg

歩いたのは、主に場外市場。
「あまりにもお店が多くてどこで買えばいいのかわからない」と、
受講者の皆様はおっしゃいます。

そこで、数十年来通う我が夫や私の、独断に満ちたお店の数々をご紹介。
築地はやはり「安さ」より「モノの抜群の良さで割安」を、
求めるのが正解なのだなあと、ベテラン主婦の皆様の
豪快なお買い物ぶりを拝見して切に思った。

受講者の皆様、
ご協力下さいましたお店の皆様、
スタッフの方、
本当にどうもありがとうございました。
楽しい楽しい美味しい一日でした。

来月は「日本橋にかつてあった『魚市場』の面影をたどる」です。
またまた美味しいお店を歩きます。

2013年度秋冬期の「商店街さんぽ講座」、
実はまだごく若干名募集中です。
途中からの4回講座になりますが、もしよろしければご参加下さい。

商店街を通して東京の歴史や文化をひもとき、
専門家である商店主さんたちからお知恵を伝授、
もちろん美味しい食べものにお買い物三昧。
私自身、毎回おもしろくてたまらない講座です。

[お問い合わせ先]
毎月第1金曜日午後は、川越教室 049−222−2010
毎月第3金曜日午後は、千葉教室 043−202−7231 
(いずれも月により日時変更あり。
 現地集合解散ですので、遠方の教室でも申し込み可です)

どうぞよろしくお願いいたします。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・江戸前寿司
・アサリみそ汁
・鯨立田揚げ
・鶏肉半身揚げ
・アボガドとトマトとチーズサラダ
・ローストポーク
・みそ汁など

まず築地場内の寿司をいただき、
場外で購入した揚げ鶏肉を夫作のサラダなどと共に家で夕食。
幸せな一日。
[PR]

先日、久々に東北の海辺に行った。

d0149411_23233070.jpg

その土地も、ご多分に漏れず岸壁が沈降していて、
コンクリートがバリバリに割れたままだし、
台風の高波もあって満潮時には下水道は逆流し、そこら中が水浸しだった。
泊まる予定の家も、散歩から帰ると城よろしく堀に囲まれていた。

やや、どうやって帰るのだ?
と、ぐるりと回るとようやく道につながる場所があった。
建物を1,8mかさ上げしたのだという。

もちろん建物が残ったこの家族は良い方で、
隣の集落は外洋に近い分、がらんどうの空き地になっていた。
昨年、合計4泊5日分の車での東北沿岸行では、
このような風景が、延々と続いていたことを思い出す。

家のご主人は漁師で、道具が全て流されてしまったため、
海苔養殖をやめ、今はワカメ養殖と刺し網漁を手がけている。

おいしい海の幸をいただきながら、ご苦労も何となく聞く。
「復興なんて、全然進んでいないよ」
「なのにオリンピックだなんて、びっくりしたわ」
「建材費も人件費も上がるだろう、困るな」

「仮設住まいの人がね、うちに来ると「ああいいなあ、この広さがね」って。
隣室の咳が聞こえる部屋に、もう2年も居るのが辛そうだよ」。

折しもテレビが、べらべらとしゃべり出した。
「隣町の残土が、この地のかさ上げ用に運び込まれることになりました。
これでようやく復興の新たな一歩です」。
えっ? 新たな一歩なのか? 
二年以上経っとるぞ。
本当に「全然進んでいない」という、彼らの言葉が身に沁みた。

「でもね、どんどん旅行に来て欲しいよ。現状を見てほしいんだ」
この言葉も、いろいろな場所で何度も聞いた。

翌朝、バリバリに割れたままの岸壁から小舟を出してもらう。
海も空も静かなる青色が、遥か果てまで広がっていた。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・茹でワタリガニ
・刺身各種
・生きたウニ
などなど竜宮城並みの大漁。

生きたウニを日本酒に入れる秘技をご主人から教わる。
至福。
[PR]

いつものことながら、年の後半になると
「築地市場」関連の仕事が多くなる。
取材や講座、その他自分でも買い出しに行ったり何だのかんだの。

d0149411_19363719.jpg

ごちゃごちゃしているけど、よくよく見ると少しずつ変化していたり、
私自身が新しい店を見つけたりと、行く度に面白くてたまらない。

という訳で、11月16日(土)と30日(土)には、
築地市場歩き講座を開催します。
個人的に好きな店を、やたらと歩き回ります。
我が家の正月用買い出しルートでもあるわけです。
どうぞおいで下さいませ。


その前には「松輪のサバ料理」講座>、
1月には木更津で
「海苔すき体験」講座
3月には横須賀で「ワカメ刈りと塩ワカメ作り体験」講座
東京湾をめぐる講座が目白押しです。
オリンピック会場としてこれから変貌するかもしれない東京湾岸を、
きちんと見ておきたいものです。

お問い合わせ:風カルチャークラブ 0120−987−553


・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・牛肉とキノコのガーリック炒め
・茹で白菜
・海苔
・タラコ
・大根と豆腐のみそ汁
・ユズ大根とキュウリの漬物
・ご飯
・キャラブキ

夫が居ないので自分で夕飯を作ってみた。
すこぶるシンプルだが、これも美味。
[PR]

今日は商店街講座2013年秋冬版の第一弾「築地場外市場」編だった。
楽しかった。まあ、寿司喰いねえ。

d0149411_17203916.jpg

昨日の暑さがウソのように今日は涼しくて、魚市場日和だ。
築地はいつでも面白く、興奮の町で大好きだ。
やっぱり寿司も美味なのだ。

受講者の皆様、
ご協力下さいましたお店の方々と商店街組合の方々、
スタッフの皆さん、
本当にどうもありがとうございました。

この喧噪を胸に、次回は「日本橋に魚市場の名残を探す」講座です。
どうぞよろしくお願いいたします。

●お問い合わせ:NHKカルチャー川越教室 049−222−2010
10月〜3月までの5回連続講座です。(築地/日本橋/神田明神/大山/川崎大師)




●11月には、一日だけの「築地市場講座」も開催します。
 こちらは築地市場場内や秘密の食堂などをご案内。
 2013年11月16日(土)または30日(土)
 どうぞよろしくお願いいたします。

 お問合せ:風カルチャークラブ0120−987−553

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・にぎり寿司
・アサリみそ汁
・牛丼

築地で寿司。帰れば家では夫が牛丼を作ってくれた。
感謝。
[PR]