<   2011年 05月 ( 11 )   > この月の画像一覧

5月29日(日)に行われたササキケンジさんのスライドトーク
「震災発生時コミュニティFMは情報を発信していた」は、
無事終了。面白かった。

彼はミュージシャンで、元々自分のCDプロモーションのために、
徒歩やバイクのスーパーカブで、日本をくまなく回った男なのだが、
その際に出会ったのが、コミュニティFM。
各地で地元民によって運営され、半径20kの放送をするラジオ局だった。

全国に約200局あるそうだが、彼はそのほとんどを訪れ、
顔見知りも多い。

そしてこの災害。
ケンジさんは東北の被災地を2周して、
54局分のコミュニティFMの活躍ぶりや
被災状況を説明してくれた。
予想以上の興味深さだった。

災害時には、災害FMとなって、
安否確認から、開店している店情報など、
地元にすこぶる密着した番組を発信し続けたのだという。
全然知らない世界だったが、
東京にもあるらしいので、
ちゃんと知っておかねばと思った。

実はケンジさんが、被災地へ行くことを知り、
途中、電話で現地からの実況中継をしてもらった。
帰京後、私たちだけが土産話を聞くのはもったいないので、
これは是非、一度まとめて発表してもらえたら、と、お願いしたのだ。

そしてケンジさんと私と夫と、前日リハーサルをしながら、
日頃から地道に人に会い、
つながりを持ち続けることは、
本当に大切だったんだね、と、再確認した。

お越し下さった皆さま
主催の市民科学研究室の上田昌文さま
ビデオを撮ってくれたあーさん
そしてササキケンジさん
本当にありがとうございました。

[PR]

by sibamataumare | 2011-05-31 20:21 | 催し物情報

5月29日(日)にまたスライドトークをします。
といっても、今回は友人のササキケンジさん

お題は「震災発生時コミュニティFMは情報を発信していた」
14時〜17時 渋谷区渋谷3-27-15 光和ビルB1 光塾COMMON CONTACT
03-6427-6462


彼はミュージシャンで(株)ジンケトリオとしてプロデュースもして、
全国のミニFM局にめっぽう詳しく、
ラジオ番組も持っている、まあ、とにかくおもしろい人だ。

彼はかつて全国のコミュニティFM178局を、
50ccのスーパーカブで回ったご縁で、
今回の震災後、東北を2周巡っている。
その報告会なのだ。

私と夫も、少しお手伝いさせていただきますので、
どうぞおいで下さいませ。
また、懇親会でもして、おしゃべりできればと思います。
どうぞよろしくお願いします。

[PR]

by sibamataumare | 2011-05-27 22:48 | 催し物情報

おかげさまで、本日の東京湾漁師町ツアーも無事終了した。
楽しかった。

ご参加くださいました皆様、丸さんご一家、
スタッフの方、どうもありがとうございます。
おかげさまで、お天気も何とか持ちましたね。
でもアサリがあまり取れずにすみません。
これも、潮干狩り場ではないリアリティ、
漁師さんがこんな条件でせっせと魚介を調達してくれるのかと、
改めて感謝の思いでした。

本日、一番引き潮になるのは午後の2時。
10時集合はちと早いので、
乗船前にのんびり漁師のお父さんに、お話を伺った。

「昔は天ぷら船を仕立てて、俺たちが投網で捕まえた魚を、
その場で天ぷらにして食べさせたんだ。
船は4〜5人しか乗れないけど、100円で、
そうだな、今でいう10万円ぐらい。
これに旦那と芸者たちを乗せて、お台場あたりに行くんだ」。
と、お父さん。江戸の小粋な情緒がにじんでいる。

いよいよ釣り船に乗せてもらって、海に出る。
風が強いが、東京港をひた走り、風景を満喫。
そして羽田空港沖へ。

それでもまだ潮はあまり引いていない。
「南風が何日も吹いてるから、潮が引きにくいんだよ」と、
お父さん。海水が湾口へ向かって引こうとしても、
風で押し戻されてしまい、引きが悪いのだそうだ。

この続きは、また後で。

[PR]

by sibamataumare | 2011-05-22 20:59 | 催し物情報

今年も羽田空港直下の潮干狩りツアーをします。
「東京漁師のアサリ漁と潮干狩り」

2011年5月22日(日)
問い合わせ:風カルチャークラブ
どうぞおいで下さいませ。

[PR]

by sibamataumare | 2011-05-17 13:06 | 催し物情報

なかなか報告を書けないうちに、時間がたってしまった。
5月8日(日)のスライドトーク
「三陸と東京湾の漁師町〜大震災以前の姿から〜」

企画当初の想像より、はるかに情報が集まってしまい、
内容実だくさん過ぎて、
そのくせ、時間切れで取材や検証不足で、
まあ、そもそも私の講演はいつでもどうせこんなものらしいのだが、
どたばたと時間もオーバー。

ご参加くださった皆さま、2部で発表して下さった斉藤高根さま、
誠に失礼いたしました。
最後の質疑応答では、もっと皆さまのお知恵をうかがいたかったです。
重ね重ね、ご参加ありがとうございます。

でも、あれだけ喋りまくったくせに、
どうしても語りたかった、あとひと言があったので、書きます。
話が途中で、違う方向へ行ってしまったので。

風評被害の生産地の方々のために、応援買いもいいけれど、
大切なのは、その生産地が本当の放射能汚染にさらされた時、
「ああ、あそこは駄目」で、切り捨ててしまうのではなく、
生産者の方々が、東電だか国だかにしっかり補償を請求できて、
安心していさぎよく自粛できるよう、周りの私たちが応援すること。

そして再び清涼な水と空気と土に還った時、
その生産者の方々による生産物を、
私たちも喜んで食べさせていただくこと。

好きな生産地や生産者があるって、豊かな気分です。

多分、この続きは、まだまだ調べますので、
第2弾も開催するつもりです。
よろしかったら、どうぞおいで下さいませ。

[PR]

by sibamataumare | 2011-05-13 00:06 | 漁師

5月11日(水)、つまり今日ですね。
夕方18時から始まるラジオ番組「シンクロノシティ」に、
夫婦でお話させていただきます。
東京FM80.0MHz

番組表によると
「日本の漁村をまわる夫婦の活動とは?」
というのが、私たちらしいです。

照れくさいので、間際のお知らせにて失礼いたします。

ああ、スライドトークの報告もまだでした。
これも後ほど。
第二弾も密かに検討中

[PR]

by sibamataumare | 2011-05-11 12:14 | 催し物情報

ご参加くださった皆様、
漁師の斉藤高根さんと奥様和子さま
主催の市民研上田さま
光塾の方々
あーさん
とにかくどうもありがとうございました。

詳しくは、また後日。

[PR]

by sibamataumare | 2011-05-08 22:22 | 催し物情報

以前お伝えしたスライドトーク
「三陸と東京湾の漁師町 大震災以前の姿から」を開催します。

日時:5月8日(日)午後2時〜午後5時まで
場所:光塾COMMON CONTACT並木町
   渋谷区渋谷3-27-15光和ビル地下一階(03-6427-6462 JR渋谷駅新南口改札から徒歩1分
参加費500円
予約不要

今回の東日本大震災を、「漁師町」に焦点を当てて考えてみました。

この取材で、歩き回った東京湾は、
相変わらずのどかな景色です。
魚介もおいしい。

でも、東日本大震災の傷跡は、そこかしこに見え隠れしています。
当日は、東京湾漁師の斉藤高根さんをお招きして、
ご自身の被災状況、また東北の海苔漁師仲間の現状など、
漁師目線の大震災のお話もうかがいます。

また、私と夫がこれまで訪ね歩いた三陸の漁師町の、
日常の姿をご紹介しつつ、
その被害状況等も、お知らせします。
現地の方や、取材して歩いた方からの写真も、多く寄せられています。

まだまだ中間報告ではありますが、
どうぞおいで下さいませ。

[PR]

by sibamataumare | 2011-05-07 18:36 | 催し物情報

おはようございます。

では。

[PR]

by sibamataumare | 2011-05-05 21:47 | ひとりごと

今日、ようやく宮城県で被災した漁師さんと連絡が取れた。

その集落は、もう壊滅状態だと聞かされていた。
「webで生存者名簿が見られるよ」と、
地元の友だちに教えられたが、
勇気がなくて3週間も試すことができなかった。
ようやく奮い起こして、検索してみると、
ちゃんとお名前と避難場所が現れてほっとした。
でも、ちゃんとした避難場所もないので、
残ったどこかの家々に三々五々分かれて暮らしているらしい。
宅急便も郵便も、届きそうになかった。

ふと気づいて、自分の携帯電話を探してみると、
曖昧な名前で、その方らしき電話番号を発見。
すると、息子さんの家に身を寄せるご本人と連絡が取れたのだった。
思わず電話口で、叫んでしまった。

もっとも5月8日のスライドトークのために、
現地の方々から送られた写真の数々には、
もう言葉もない。

そんなこんなで、喜びもひとしおの後、
ふとテレビをつけてみると、
ビン・ラディンが死んでいた。
どんな犯罪者だったかとも思うが、
その死に対して狂喜乱舞する画面に、
すさまじい違和感を覚えた。

夫が撮りためたアフガニスタンやパキスタンの写真は、
それは美しい国だった。

震災に気を取られている間に、
世界がますますきな臭くなっていた。

[PR]

by sibamataumare | 2011-05-02 22:32 | 漁師