<   2010年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧

まだいる。

さっきものすごい生き物も発見した。
シラスが立って歩いていたのだ。

とうとうこんなものまで住み着いてしまったのなら、
もう暑いなどと、言い訳している場合じゃない。
掃除せねば、と、よくよく見れば、
ひからびたシラスをどこからか見つけ出したアリが、
えっちらおっちら運んでいるのだった。

自分の体より遥かに大きいのに偉いな、と、
感心しつつ、これもつぶした。

でもまだまだ行列は細々と続いている。
何が欲しいのだ?

[PR]

by sibamataumare | 2010-08-31 23:53 | けったいなもの

家に帰ってふと気づくと、台所の流し台にアリがごっそり行列していた。
うわっと驚いて、指で次々につぶしたが、まあすごい量だ。
どうやら炭酸飲料の空ペットボトルがお目当てだったらしい。
ご苦労な事だ。
いったい、どうやって感知したのか、
どうやって侵入したのか、ちょっと感心してみたりもした。

そういえば、小さい頃、むやみにつぶして遊んだことを思い出したが、
あれは案外有効だ。
人も動物ならば、自分のテリトリーに侵入してくる生物を、
自分で退治せねばならん。
もっと大きいアレは、無理にしても。

ふと10数年前の出来事を思い出した。
夕方買い物から帰ると、縁側に続く座敷の床が何やらうごめいている。
電気を付けてよくよく見ると、
畳にびっしりと黒いアリがいた。

もう半狂乱になって、叫びながらホウキで畳のアリを叩きつぶしながら、
縁側に掃き出し、また叫び、を、半時間も繰り返したのを覚えている。
古い映画で見た「恐怖の黒いじゅうたん」が、畳の食べこぼしに襲来したのだ。
ああ、怖かった。

ただ、アリは地表のゴミをきれいに食べてくれ、フンとして土を豊かにし、
地面を耕してくれる。
近所の人は、アリの巣コロリをまき散らしていたが、気は進まない。
数年に一度の襲来なら、許すか。

明日来ないことを祈る。

******* arsantさま *******

 コメントをありがとうございます。
 でもその前にあったエロコメントと間違えて、
 消去のボタンを押してしまいました!
 ごめんなさい。
 またぜひ、よろしくお願いいたしまする。

 映画はヒッチじゃなかったんですね。訂正しました。感謝。

       じゅんこ拝

[PR]

by sibamataumare | 2010-08-30 23:59 | けったいなもの

阿波踊りだった。
このところ、雨降りが多かったけど、
この2日間は、見事な夕焼け空とお月さま。

あ、夏が終わる。
・・・・・・・はず。

[PR]

by sibamataumare | 2010-08-29 22:59 | 東京ぶらぶら

今日と明日は、
杉並区高円寺の阿波踊りだ。

[PR]

by sibamataumare | 2010-08-28 23:02 | 東京ぶらぶら

とうとう200歳が長崎県で発見されたそうだ。
記事によれば、「明治期の戸籍法に基づいて作成され、
電算化の折に削除し忘れたのだろう」とのこと。

でも昨日の計算によれば、240歳ぐらいまでは、あり得そうな気がする。

逆に言えば、「どれを基準に削除したんだろう」と、
ふと疑問に思った。

住民票はともかく、自分の戸籍なんて滅多に取り寄せない。
案外、知らない間に削除されちまったのもあったりして。

[PR]

by sibamataumare | 2010-08-27 22:22 | 地面すれすれ

先日、調べものをしようと、近所の図書館へ行った。
緑豊かな公園に隣接しているのだが、
さすがに公園には、ほとんど人影がない。
なのに、自転車が妙にたくさん停めてある。

ちょっと嫌な予感がしつつ、
目当ての本をたくさん選んで、閲覧室のある2階に上がった。
駅にも商店街にも学校にも、全然近くない住宅街の真ん中にあるので、
いつもガラガラの、穴場閲覧室なのだが・・・・・・、

部屋に入ろうとして、「うっ」とうめき声が出て、
立ちすくんでしまった。

びっしり人がいる。

壁際の勉強机にも、大テーブルにも、新聞閲覧コーナーにも、
雑誌コーナーのベンチにも。
ひとつだけ、席が空いていたのを見つけたが、
ほとんど涼しくない上に、密度の濃さに息が詰まりそうになって、
慌てて飛び出した。

階下の本棚の間に置かれたスツールにも、人がびっしり。
両手に本を携えたまま、館内をうろうろして、
ようやく見つけたのが、
玄関脇のベンチだった。
仕方がないからそこで資料に目を通したものの、
頭に全く入らず、すごすごと館を出た。

パッと見たところ、学生でも仕事人でもなさそうな、
近所のおじさんおばさんたちが山盛り。

落ち着いた住宅街だから、全員家にエアコンがない訳でもないだろうが、
外出しようにもギラギラの空の元、
ついついここに逃げ込んでしまうのだろうなあ。

仕方なく、もう一軒の図書館へ行くと、
自転車が少ない。
嫌な予感がして、入り口を見れば、
休館だった。

仕方なく、喫茶店に入ってジャズを聞きながら、
原稿の下書き。
あ、ファミレスじゃないんだ、この日は。

これで気が済んだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・冷麺

スーパーで購入の冷麺に、キュウリ千切りとネギと
キムチとゆで卵を載せる。
栄養ありでツルツルいける。

[PR]

by sibamataumare | 2010-08-27 22:08 | 東京ぶらぶら

さすが世界一の長寿国だ。
今日はとうとう186歳も発見された。

さすがに白骨化はどうかと思うが、
案外やるな、この国、とほくそ笑んだ。

何もかもがんじがらめなのかと思っていたが、
案外すかすかなのだ。
年金だってぼろぼろだし、住民票だって本籍だって、
どこに置いても案外かまわないのだ。

以前、知り合いで、小学生の我が子の出生届を出していない家族があった。
彼らはある信念のもとに、あえて選択したのだけど、不便はというと
「そうね、パスポートが取れないくらいかな」。
学校には、住民票があれば通えるらしい。

すべての国民に通し番号が振られて、
すべての情報を国家に把握されて、
それを悪用する人の意のままに、人生が翻弄される。
何だか、趣味の悪い映画のようだが、
どうやらこの国にいれば、当面はその心配もなさそうなので、
ほっとした。

そういえば戸籍って、いつのものが生かされているんだろう。
調べてみれば、近代日本で初めて全国統一様式の戸籍ができたのは、
明治5年(1872)の「壬申戸籍」。
現代の戸籍は昭和23年(1948)に作られている。
あ、今NHKのニュースでは、
「現行の戸籍は昭和32年に制定」と解説していた。
いずれにしても、
これらはそれ以前の戸籍を引き継いで書き写されているのだろうか?
どなたか教えて下され。

古くは「家」単位だったのが、「夫婦」単位に変化したりして、
何かと様式も変わっているだろうけど、
ある年代までは、こうした書類は全部手書きで写され、
その後、コンピューターに入力という作業があったはず。
多分、現場では「ねえねえ見て見て! こんなのがあった」なんて、
沸いていたに違いない。
私なら見つけるたびに興奮して、はしゃぐ。

仮に、明治5年当時のが、愚直に現代の戸籍に引き継がれているとすると、
制定当時72歳の人がいたとすれば、1800年生まれであり、
今年は210歳になる。

こりゃあ、更なるご長寿発掘が楽しみだわい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・キムチ塩ゆずポン冷うどん。

すごく簡単。やってみたら美味。

[PR]

by sibamataumare | 2010-08-26 21:33 | ひとりごと

入ってしまえば、何かしら買ってしまうので、
なるべく近寄らないようにしている隣町の古本屋。

暑さのあまり、ついつい入店してしまった。
あ〜あ。

気がつけば、片手に3冊。
もう片手には、前回買ったものの、重くて取り置きしてもらっていた本の数々。
自分のテーマに即した書物を見ると、買わずにおれないのだ。

暑い上に我慢できなくて、
思わず喫茶店に入り、一気に1冊読破。

さすがに2冊目からは、手をつけられず、
家に帰る。

夕食を食べながら、さっき読んだ本の内容について夫と語り合い、
それからもう一冊をぱらぱらめくり、
ああ、地味ながら至福の一日だなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・かつお刺身
・ニラと豆腐のみそ汁
・ゴーヤチャンプルー(昨日の残り)
・キムチ
・ご飯など

火の使用は最小限の夕食。

[PR]

by sibamataumare | 2010-08-25 23:59 | 東京ぶらぶら

以前にも書いたかもしれないが、
日本人は、「踊る民族」だと思う。
郡上踊りやおわら風の盆など、
何かとその土地ならではの踊りが伝えられているし、
阿波踊りやよさこいなどは、もう全国規模で踊り継がれている。

それ以外にも、町会ごとの盆踊り大会など、
夏場は特に、踊る機会がどこにでもある。

盆踊り好きの私は、お囃子や「炭坑節」や「東京音頭」なんぞを
聞いてしまうと、
もうじっとしていられない。

で、在日タイ人と話をした。
彼らも、日本人以上に「踊り好き」だ。

飲んでいると、ついつい老若男女皆立ち上がって踊りだす。
それも半端じゃない。
私も、タイでは「炭坑節」をタイ人に教えたりして、
もう大興奮になるのだ。

「おばあちゃんもいい味出して踊りますよ」
と、在日タイ人と結婚した日本人のだんなもいう。

そうそう。
でも日本人も、負けずに踊るわ。
夏は特に。

で、ベトナム人は、踊らないのだ。
歌は歌うが。
「踊るのは少数民族」と、彼らはいうのである。
よく我慢できるな、と私は心の底で思いながら、
一緒に片言のベトナム語で合唱したりする。

わはは、踊りは楽しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・ゴーヤチャンプルー
・ナスとミョウガのみそ汁
・ご飯
・エゴの酢みそがけ

新潟で購入した、エゴを食す。
海藻を固めた、ぷるぷるの食べもので、
九州でいうオキュウト。

[PR]

by sibamataumare | 2010-08-24 22:18 | 日本中ぶらぶら

テレビで、冷房に慣れた体と、冷房に縁のない体では、
活動する汗腺の数が違うというのを、
実験していた。

我が家は全員、多分、汗腺大量だ。

[PR]

by sibamataumare | 2010-08-23 23:12 | からだ