<   2009年 05月 ( 32 )   > この月の画像一覧

友人がタイ料理屋を開店準備中。
メニューのひとつ、スイカジュースをご馳走になった。
懐かしくて美味だ。

タイではよく飲んだ大好きな飲み物だ。
そういえば、タイではオレンジジュースの絞りたてを飲ませてくれるのだが、
なぜか塩を入れる。
甘みが増すからというのがその理由だ。

そういえば、日本ではスイカに塩をかけるので、
まあ、同じことか。

パイナップルに唐辛子をかけることも、思い出した。

ああ、南国に行きたいなあ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・ぼっかけモダン焼き

牛すじ煮込みとヤキソバをお好み焼きの具に。美味。

[PR]

by sibamataumare | 2009-05-31 23:14 | 食べもの

仕事で東名高速道路をまっしぐらに走った。
途中、静岡県内のサービスエリアで、買い物をしながら、
抹茶羊羹を探した。

筒型の小さな羊羹で、いろいろ試したところ、
これが一番美味だと、我が家では結論している。

ところがこれは、私の知る限り、牧の原サービスエリアにしか置かれていない。
この日もうっかり通り過ぎて、浜名湖などで探してみたが、
結局ありつけなかった。

仕方がないので、愛知県内で抹茶味のういろうを購入。
まあ、これも美味。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・トムヤムクン
・バインセオ
・カオホムマリー
・フォー
・ココナッツしるこなど

久々の友人家族と市場内のアジア料理店にて 美味

[PR]

by sibamataumare | 2009-05-30 23:59 | 日本中ぶらぶら

すっかり海の話ばかりになっているが、
実は「散歩の達人」誌で、5月号から連載を始めた。
その名も「商店遺産」。
ま、だいたいご想像の通りだが、これが面白い。

今朝も第3回目の取材で、某商店の仕事を見せて頂いた。
現代に、どんな需要があるのか? と、常々疑問に思っていた商売だが、
その良さをわかる人が、ちゃんといるのだ。

何屋かって?

教えない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・そうめん
・キュウリとナメコ
・煮魚のほぐし身(ダツ)

原稿執筆中、夫がささっと作ってくれた昼食。
暑い日ならきっともっと美味。

[PR]

by sibamataumare | 2009-05-29 14:08 | 中古民家主義

今朝、仕事で築地市場に行った。
ちょうど買い付けで大にぎわいの朝8時頃だ。
いつもなら、大喜びで場内で半端物の魚介を買い込み、
いつもの店で、海鮮丼に舌鼓を打つのだが、
今日は夫も私も、とんとそんな気分にはならなかった。

何しろ、来る日も来る日も魚尽くしの我が家の食卓。
「もう肉を食べたい!」と、
市場での朝食は、某洋食店でカツハヤシライスとカツカレー。
皿にはキャベツの下にまでご飯が潜み、すごいボリュームだ。

帰りがけに、おばさんの小さな店でコーヒーを飲もうとしたら、
すでに閉まっていた。
でも早起き続きで眠い今日この頃。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・天然アサリの味噌汁。
・ゴーヤチャンプルー
・塩ウニ瓶詰め(大分の海女さん手作りの塩だけ入ったウニ)
・ご飯と木更津青混ぜ海苔 などなど

結局、チャンプルーの豚肉以外は、最近見慣れた魚介尽くし。
でも美味。

[PR]

by sibamataumare | 2009-05-28 22:11 | 東京ぶらぶら

すだて遊びで、獲りまくった魚介が、
またまた我が家の冷蔵庫にぎっちり詰まっている。

d0149411_021169.jpg

夫がひたすら掘り当てたバカ貝は、家に帰るなりせっせと茹でて砂抜きをしていた。
貝を鍋に水から入れて、茹だって身が離れたらOK。
後は茹で汁で、ひとつひとつの身を指でこすって洗い、
砂を落としてゆくという気の長い作業なので、夫の役目だ。

ワタリガニの子たちは、やはり水から鍋に入れる。
湯だと足がバラバラに離れてしまうのだ、と、船のお母さんたちに教えてもらった。
足やハサミを足しても、煙草ケースくらいの小物なのに、
味噌汁にしたら、ダシは出るわ、殻が柔らかくてバリバリっと噛むと、
身が思いの外びっしり詰まっているわで、
予想外の美味しさにビックリした。

細長くて口が尖ったダツという魚は、ぶつ切りにして醤油と生姜で煮た。
翌日の煮こごりも美味。

冷蔵庫には、まだアサリが居眠りしている。

我が家は連日の魚介尽くしだったので、これだけにしたが、
鯛やスズキを持ち帰った皆さんは、
どんな料理に舌鼓を打っているのだろう。

でもって、例の如く、一遍では食べきれずに、
お裾分けしたり冷凍庫に収めたり、
忙しいこの頃なのである。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・上記の料理
・大分のお母さんたちの漬け物など

それが2日間続いている。
でもまだある。
あ、そうそう、もちろん夫作。
[PR]

by sibamataumare | 2009-05-27 22:57 | 食べもの

お日柄も良好、素晴らしい1日だった。

この続きはまた後で

[PR]

by sibamataumare | 2009-05-26 22:42 | 催し物情報

いやはや美味だった。
お江戸日本橋で、江戸前寿司をいただいた。
さすがにネタは極上。
といっても、取材なんだけどね。

敷居が高そうだが、客として訪れても
ちゃんとお品書きがあって、明朗会計なので怖くない。

その上、店のご家族は粋に明るく、また行ってみたくなった。
まあ、詳しくは後日。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・上寿司
・吸い物椀
・ランチ寿司
・スイカ

寿司屋の鮨でお腹一杯になる幸せ。

[PR]

by sibamataumare | 2009-05-25 23:03 | 東京ぶらぶら

【お知らせ】
次回の東京湾の漁師町講座ですが、
2009年8月13日(日)に、神奈川県横須賀の漁港から出航して、
「刺し網漁の追加ツアー」が決まりました。よろしかったらどうぞ。
お問い合わせは、風カルチャークラブまで。
0120−987−553

d0149411_23565332.jpg

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
26日のツアー向けにレジュメを作った。
家の蔵書から「すだて漁」を探すと、少しずつ歴史が見えてくる。
曰く、古くから琵琶湖で行われた漁であること、
大正時代に千葉県の旅館が、観光として東京湾に持ち込んだこと、
浦安や東京でも行われていたこと などなど。

盤洲干潟の地形と生物について書かれた本を読んだ。
その風景を思い起こしながら、想像を巡らせると、
「ああ、あの辺にあの食べものがいるわけね」などと、
そっち方面に、心がくすぐられる。

さて、現場検証が楽しみだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・ぶっかけうどん

茹で讃岐うどんに、鰹節と生姜と醤油。
思いっきり簡単で好きだ。
[PR]

by sibamataumare | 2009-05-24 23:56 | 東京湾

時折行く店へ、夫とおじゃました。
普段は、若い女性客も多いのだけど、
たまたまカウンターには、顔見知りの30~50代男児数名。
おのずと話はエロに傾いてゆく。

d0149411_2395342.jpg

0000事情や0000自慢、
へえ、男だけでいると、こんな会話になるわけね、と、
もう珍しい話に興味津々で、ついつい聞き込んでしまう。
「うひゃ〜」とか「ぐふ!」とか、思わず声も出るというものだ。

「何興奮してんだ、お前」と、時折夫にたしなめられて、
我に返る。が、また好奇心のるつぼにドボドボとはまる。

後日、その時の男友だちが、かわいい彼女を連れてきていたので、
「ねえねえ、ああいう話さあ、彼女も知ってるわけ?」と、小声で尋ねると、
「彼女にはいわないで」と、ポッと頬を赤らめた。

その時、はっと気付いたのだった。
あの夜、私は女にカウントされていなかった。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・ニラとニンジンとイカの酢みそ和え
・ニラとちりめんのお澄まし
・骨付き鶏の唐揚げ
・大根の漬け物 など

酢みそ和えの茹で汁をそのままお澄ましのつゆに転用。
美味。
[PR]

by sibamataumare | 2009-05-23 23:00 | 地面すれすれ

このところ、ずっと海づいている。
もう至福である。
そして今度の火曜日は、木更津ですだて遊びだ。

d0149411_117496.jpg

少人数でゆったり勉強&遊びができるようにと、
酔狂にも平日の一年で最も潮が引く日を設定してしまったら、
本当に少人数で、思いっきり贅沢な舟遊びになりそう。
普段は、100人近くでごった返す海を、私たちと漁師さんで独占状態らしい。
その分、じっくり海のことを教えていただけそうなのだ。
まだ少々余裕有り。よかったらどうぞ。

楽しみなのは、それこそ「最も早く潮が引くさま」を体感することだ。
沖合1〜2㎞に船で出向いたはずが、瞬く間に海底に置き去りにされる。
数年前にもおじゃましたのだが、その時よりずっと大胆な引き潮ぶりなはずだ。

ずっと前、似たような舟遊びを有明海でしたことがある。
もう、歩いて帰ることができないような海の真ん中に、
いきなり砂地が現れ、そこで半日過ごした。
あれもすごかった。

何しろ、海底の生態系がいきなり露出し、
自分たちと海の生き物だけの不思議な世界にさ迷い込むのである。
しかも人間は、強欲なので、
それらをその場で調理して食べてしまうのである。
生態系の頂点にいる自分を実感する。

ところで何となくパソコンを覗いてみたら、
さっきまで打ち合わせなどのため、一緒に歩いていたアウトドア青年のSさんが、
さっさとブログにUPしてくれていた。
ああ、そんな風に見えてるわけね、と、思いつつ、
一応、ご紹介しときます。
すだて漁の詳しい話にリンクしています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・ままどおる
・ほうじ茶

家族のおみやげ。美味。
[PR]

by sibamataumare | 2009-05-23 01:00 | 舟遊び