<   2008年 09月 ( 29 )   > この月の画像一覧

また溜まってしまった。
気長にお待ち下さった皆様、ありがとうございます。
でもって、銭湯話だ。

d0149411_1824495.jpg

今日、下町の某銭湯に取材に行った。
すると御歳86歳というご主人がいうのだ。
「新潟出身の銭湯は派手だ」。

そもそも銭湯という商売は、新潟と石川、富山、福井の出身者が極めて多い。
もともと出稼ぎの多い雪国だが、
成功者の親戚に呼び寄せられては、住み込みで働き、
仕事を覚えたら独立して、又同郷の銭湯が増殖してゆくという構図だ。

そしてこの御仁のご両親は、石川県出身。
「加賀のお殿様は徳川家ににらまれていたから、表向きは地味なのさ。
だけど中は豪華だ。でも、新潟出身者は、がーんと派手なのを造るんだよ」。
銭湯の組合の役員も務めたという彼がいうには、
外観を見ればどこの出身者かわかるのだそうだ。

言われてみれば、以前京都の銭湯を取材して回ったが、
東京より地味だった。
関西の銭湯の主は、新潟より北陸3県の出身者が多いと聞いた気もする。

対して東京の銭湯は、寺院ばりに立派だ。
「極楽気分を味わって下さいっていう意味なのよ」と、
番台の奥さんがいった。
あ、これ前も書いた台詞かも。
大きな湯舟に浸かって、極楽したいわい。

とはいえ、先のご主人のご父君も、
ここは寺か、という程豪華な屋根の銭湯も造っている。
東京激戦区で、おとなしくしているわけにはいかなかったらしい。
とすると、写真の銭湯も結構立派だが、一体どこのご出身なんだろう。
何だか一軒一軒巡って、統計を取ってみたくなった。
まあ、こういうのは、町田忍さんがよくご存じなんだろうけどね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・冷麺(手打ち)
・焼き肉各種など

またキムチ横丁で取材がてら。美味。
[PR]

お待ちどうさま。
ここ数日、上野を歩き回っているので、東上野コリアンタウンへ行った。
もちろんお目当ては、焼き肉とキムチだ。

d0149411_18224592.jpg

この辺の食料品店では、自家製キムチを売っている。
ガラスケースの中に、白菜だけじゃなくて、
エゴマの葉や内臓や牡蠣、辛くないヌルキムチなど、
アイスクリームショップのように、さまざまな種類が並んでいるので、
嬉しくなってしまう。

でもやっぱり好きなのは、王道の白菜キムチ。
冷蔵庫に入っていると、何だか幸せだ。匂うが。
夫は、キムチ連れで電車に乗り込んだら、
隣席の女性に、席を移られたという。

キムチは発酵食品で、乳酸菌はヨーグルトに匹敵するほど多いという。
手元にある料理本「体にいい簡単おかず」(オレンジページ刊)には、
「腸内環境を整えて便秘を防ぎ、
悪玉コレステロールを減らして動脈硬化を予防し、
ビタミンB群・Kを合成し、骨や肌の健康に役立つ。
それにガン予防にもよい」とある。
野菜と発酵食が大好きな我が家には、うってつけの食べ物なのだ。

そういえば以前、知り合いの在日オンマの言葉に驚いたことがある。
「私たちは赤ちゃんの時から食べているわよ。さっと洗って離乳食にするの」
彼女に教えてもらった三河島や上野の店は、本当に美味しかったなあ。

ロケハンがてら、焼き肉屋で昼食。
ひとり焼き肉ってのも、良い感じだが、
次々にカルビが焼けてしまうのを、1人で迎え撃つのでちょっと忙しい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・焼き肉定食
(カルビ ナムルとキムチとカクテキと韓国海苔とコクのあるワカメスープ付き)

肉はたっぷりで、あまりにおかずが多いので、思わず丼ご飯をおかわり。
超満腹で900円。
[PR]

by sibamataumare | 2008-09-29 23:58 | 食べもの | Comments(2)

「わ〜、眞鍋さんもmixiやってるんだ」と、
ある日、フリーライター仲間の神田ぱんさんからメッセージが届いた。
そうか、私は「mixiをやっていたんだ」と、その時、改めて気付く。

d0149411_23501968.jpg

ぱんさんの所へ行ってみれば、あらあの人もあの人も、と、何人もの知った名が。
何か「カフェ神田」、或いは「クラブぱん」におじゃましたようで、嬉しくなった。

そもそもこのブログ自体、友人たちに突然作られた訳で、
私の電脳音痴はまだ現役のままだ。
mixiも「このブログの入り口のひとつとして」、友人にある日唐突に招待されて、
クリックしたら「mixiをやっている」人になった。

そんな意識レベルなので、ほとんど何も手つかずだったが、
「『じゅんこ』だけじゃ、検索できないから何とかしてくれ」と、
時折苦情が来るようになった。

その事が話題になったスライドトーク打ち上げの飲み会の夜、
またしても友人が「コミュを作ればいいのよ」と宣い、
目の前で突然コミュが立ち上げられた。
さすがに「眞鍋じゅんこ」コミュはご遠慮申し上げたので、
題して「中古民家主義」。
誰にも宣伝していないので、製作現場にいた数人と、
骨を折って探してくれた友人だけで、泣いた赤鬼のようにじとっと待っている。
これから私はどうしたらよいのでしょう。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・栗ご飯
・豚角煮と大根とシシトウの煮物
・甘塩鮭のチャンチャン焼き
・モロヘイヤの味噌汁 
・モチ米入り新米ご飯

お焦げまでどっさり食べたら、お腹いっぱい。
食欲の秋到来。


[PR]

昨日の続き。
舞踏の最上さん。

d0149411_1865554.jpg

私たちの『中古民家主義スライドトーク&ツアー・写真展』のお客様は、
本当に様々だが、何かに長けている、或いは打ち込んでいる方も少なくない。
中には、私なんぞより遙かに建築やその街のことや歴史を、
ご存じだったりする方も紛れているので、実は内心ドキドキしているのだ。
そういう時は、逆に解説をお願いしてしまったりして、私も楽しむ。

そんなツアーに、最上さんも参加して下さった。そのご感想は
「路地で踊りたくなりました」。
こんなリアクションは初めてだ。
実際、彼女たちはすでに公園や神社の境内などで、稽古を重ねていて、
夏は蚊に刺されたりしているらしい。
街の楽しみ方も、表現方法もいろいろあるもんだなあ、としみじみ思う。

私が最上さんに指摘していただいたことのひとつに、
「身体感覚を言葉で表現できること」がある。
確かに拙書に「産む快感」っていうのがあって、
後から考えるとこれはかなりすごい。
マタニティ方面のライターの友人にも
「よくやるわ、ここまで表現した本はないわよ」と、あきれられた。

でも以前通っていた整骨院では、
「背中に鰹節がはめ込まれているんです」とか
「腕がボンレスハムになりました」と、体調を訴えては、
「ははは・・・」といった気のない笑い声と共に聞き流されていた。
ところが別な先生は、その感覚をちゃんと受け止めてくれる。

つまり、言葉で表現できることも大事なんだけど、
その言葉をイメージしてくれる受け手がいないと、
言葉はむなしく空振りしてしまうのだ。

あ、今気が付いた。私の本がベストセラーにならない訳を。

まあ、いいや。
身体感覚が優れているのか、それを表現できるから優れて感じるのか。
そもそも他の人は、こういう風には感じていないのか? 謎だ。

何より最上さんご自身の言葉に対する感受性も、そうとう素晴らしく思えた。
彼女の稽古に出て、そんなこんなが脳裏に次々に現れる。
それほど面白い体験だったのだ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、
・かぼちゃとホタテの煮物。
・モロヘイヤと豆腐の味噌汁
・豆腐と納豆ハンバーグ など

家族で一品ずつ作る。
私は安易に味噌汁。
[PR]

by sibamataumare | 2008-09-27 23:42 | からだ | Comments(4)

舞踏家の最上和子さんのお稽古におじゃました。
びっくりの連続だった。

d0149411_23423184.jpg

畳敷きの広間に2人の女性が、床に伏してしている。
静寂の中、時折、最上さんが鈴を鳴らす。
女性たちは、じっとしているわけではなくて、ゆうるりとうごめいている。
一段落したところで、この稽古の説明を受け、
私も体験させてもらうことになった。

「床にべったりナメクジのように隙間なく貼り付いて、床の力を感じる」
それから時間をかけて起きあがって歩いて戻って、また寝ころぶ
へえ、彼女たちはそんなことをやっていたのか。

でもって驚いた。
まず7分間、寝ころんでみる。
ナメクジかアメーバを意識してうつぶせにべったり。
すると、「あ、肩が浮いてる」とか、
「腰のこの辺に力が入っている」などと気が付き、
ふっと力を抜いてみると、その部分がぺたっと畳に落ちていくのを感じるのだ。
「身体を細かく動かして下さい」という最上さんの言葉を思い出す。
へえ、人間、そんな事ができるんだな、と、面白くなった。

それから7分かけてゆっくり起きあがる。
すると身体のどの部分に弾みをつけると、
どの部分が動くのかがよくわかる気がして、
これもまた、面白くて,気持ちよくて、はまりこんでしまった。
そして次に歩く頃には、もうくにゃくにゃだったらしい。

「じゅんこさん、上から吊り下げられているように、しっかり立って!」
最上さんの声に、はっとした。

普段ずっとせかせかと動き回っている私が、
ゆっくりゆっくり動くことで、
不思議に身体の内部の動きや五感に飛び込む感覚が、
ものすごい鋭さで私を刺激する。

畳の目が向こうの端までずっと伸びている美しさ、青い匂い、
鈴の音、関節や筋肉の動き、畳をする音、ものの質感、人へのいとおしさ。
頭の中では、アメーバ帝国の天幕になってみたり、でんでん太鼓になったり、
圧力釜で肉と骨と関節がはらりと剥がれやすくなった茹で豚肉になったり、
蓮の葉を差して薄笑いを浮かべるバリ島のカエルになったりと、
次々に空想が繰り広げられて、こっちも面白くてしかたない。


いっとくけど、これ全部しらふ。
あくまでも最上さんが編み出した、
身体感覚を磨くための稽古の体験談なのだ。
そういえば、子どもの頃は、こうした感覚で1人遊びしていたことを思い出した。


最上さんは身体感覚を大切にする、独特な舞踏をするという。
次に見せて頂いた彼女自身の稽古は、
たおやかで凛として、抱きしめたくなるほど美しかった。

稽古後、ひとり一人の動きへの感想を、最上さんは教えてくれるのだが、
それはもう「人生そのものへの鋭どい観察眼」であり、
私なぞは、思いっきりドキッとした。
彼女は身体ばかりではなく、
その人の精神や人生まで見透かしてしまうのだ。

とにかく不思議なひとときだった。

そうそう、そんな最上和子さんの次なる公演は、
日時 11月14日(金) PM6:30開演
場所 自由学園明日館講堂 (池袋駅徒歩5分)
問い合わせ コストマリー事務局http://woodruff.press.ne.jp/event08.htm

あの練習で磨き抜かれた身体の舞踏ってどんなのだろう。
早く観てみたい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・ジンギスカン焼き(ラム肉。人参・タマネギ・もやし等入り)
。ツルムラサキと豆腐の味噌汁
・鮭るいべのキュウリ載せ など

野菜のが遙かに多いジンギスカン。
[PR]

by sibamataumare | 2008-09-26 23:17 | からだ | Comments(4)

おかげさまで第二回『中古民家主義写真展』神保町編は、
無事、終了致しました。
おいで下さった皆様 ご協力いただきました皆様方に、御礼申し上げます。
本当にどうもありがとうございました。

d0149411_1451489.jpg

思えば、8月27日からの1ヶ月に渡る長丁場だった。
『本と街の案内所』という、古い長屋建築の店舗の奥をちょいとお借りした
ささやかな写真展ではあったが、
通い詰めるうちに我が家のように親しみを感じるようになった。
この建物自体が、
十一軒長屋と呼ばれる神保町の歴史を物語る貴重な物件なのだ。

写真展目的の方もそうではない方もご覧下さり、懐かしの風景話に花が咲く。
地元にかつてお住まいだった方々も、何人も見え、貴重なお話を伺えた。

出版社がひしめく一角ゆえに、私も20年来通い詰めた街だったが、
地元の方々ともお話しでき、またツアーのために調べるうちに
随分違う側面が見えてきた。

バブル期より、今の方が街の壊れ方が早いと聞いて、ちょっとあわてた。
急いでこの街も撮りためさせて頂きたい、と、切に思う。

会期後、夫と2人で壁から写真を剥がしていると、
何だか引っ越し支度のようで、ちょっと淋しくなった。

でもこのご縁で、神保町でまたいろいろさせていただけそうな気配だ。
神保町をもっと知りたくなってしまったので、こうした幸運にも感謝。
その節は、どうぞおいで下さいませ。
この街と皆さんの深い歴史に追い着けるよう、私も一生懸命勉強します。

この貴重な機会を下さった連想出版の方々、
何かとお世話になりました『本と街の案内所』の皆様
写真関係で大層お世話になりました大石かりんさんとご家族の皆様・森さん
それから交通新聞社のT田編集長とk保さん
三省堂書店の皆様 
チラシを置いて下さった皆様 
お手伝いして下さった皆様
ツアー中に、お世話になりました季節風の皆様や地元の皆様
神保町の街の皆様
そしてもちろん、写真展やスライドトークにおいで下さった皆様

重ね重ね、本当にどうもありがとうございました。

こうして節目ごとに振り返るたびに、
人は1人で生きているのではないことが思い起こされ、
どれだけの方の温かさに包まれて生きているのかを実感し、
しみじみ嬉しく思うのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・タマネギと人参とオクラと挽肉のカレー

巨大オクラを山盛りに買ってしまったので、
大量消費にぬるぬるカレー。
[PR]

昨日の続きを書く。
亀の散歩だ。
書く前から数々のコメントをいただいたが、正解は・・・。
「食堂で隣席した。亀と」。

d0149411_2104759.jpg

一昨日の亀と別れてから、よくよく考えてみれば、
私が以前出会った亀とは、別亀であることに気付いた。
それはかれこれ20年近く前の話だったからだ。

東大の食堂はかなりの年代物の建物だ。そしてすこぶる安価だ。
そこで私はたまに忍び込む。
その日も、B定食か何かをトレイに載せて、空いた席に腰掛けた。
そしてふと隣の簡素なパイプ製の丸椅子に目をやると、
いたのだ。亀が。1人で。
いや一匹で。

この日も私は凝固した。
黄銅色の造形物みたいな亀が、
おとなしくテーブルの方に頭を向けて、座面にちょこんと載っている。
一昨日のように巨大なのではなく、まあ、男の手のひらに余る程度なのだが、
この日は、人生初の思いがけない遭遇だったので、驚いたのだ。
テーブルの上には、別にミミズスパゲッティが置かれているわけでもなかった。

ここは天下の最高学府である。
きっと亀学者が何かを研究しているのだろう、と思うことにして、
私は、平常心を装ってご飯を食べ始めた。
初老の亀学者が、トレイにカレーライスを載せて帰ってきた。
そして、呆気にとられる私に軽く会釈をすると、
何事もなかったように腰掛けてカレーライスを食べ始めた。
私は我慢できずに声を掛けた。

何をどうしゃべったかは、10数年も前のことなので忘れたから、足早にいく。
とにかくわかったのは、この亀学者は、別に学者でも卒業生でもなく、
ただ「亀を散歩させに」、時折、電車を乗り継いで東大に来ているということだ。
芝生が良い具合なのだそうだ。
こ奴もはやり陸亀なので、普段は水いらずの室内亀であり、
移動中はポケットに収まるのだといった。

亀も何年も一緒にいると可愛いもので、呼べばトコトコとやってくるし、
室内でおじさんが腹這いになって読書をすれば、
胸元にもぐり込んでくるのだという。
で、うっとうしくなったら、投げればいい。
と、一気に乱暴なことも、言っていた気がする。

おじさんは、実に淡々と語りながらも、やおら愛亀を右手で縦に持ち上げると、
ひょいっと亀の頭を人差し指で押し倒して、挨拶させた。
視線の先には、女子大生が2人、こっちを向いて笑いながら、
亀に手を振っている。
どうやら、東大食堂の人気者らしい。

あれから10数年、
東大亀はきっと座布団いっぱいの大きさになってしまっただろう。
おじさんは、やむなくご近所を散歩させているに違いない。
そんなことを、ふと思い出した。
秋が始まる。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
「中古民家主義写真展」は、おかげさまで無事終了いたしました。
皆様、どうもありがとうございました。
また、次なる企ても続々でございます。
どうぞよろしくお願い申し上げます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・北海道のチーズのピザ
・カボチャスープ
・キャベツとオクラの梅ドレッシングサラダ
・サツマイモの天ぷら
・巨峰

何だかとりとめのない献立だが、
サラダ以外は買い集めて、ササッと夕食。
[PR]

今日は、午後から写真展に行った。
たくさんの方においで頂いて、本当に感謝感激。
いよいよ明日1日となりました。
明日の午後も私は参りますので、どうぞよろしくお願いいたします。

でもって、今日は驚いた。

d0149411_23364869.jpg

行きがけの某街角で、品の良さそうな初老の紳士が散歩をしていた。
品がいいだけあって、ゆっくりした足取り、足元には、ペットのお連れがいる。
んっ? と、凝視して立ちすくんだ。
犬ではなかった。亀だ。それも巨大な。
甲羅は武将のカブトのように高く、
四肢を広げれば、ちょうど座布団いっぱいになる程大きい。

色は黄銅色で焦げ茶の筋。生き物というより何かの造形物のようでもあるが、
確かにのっそりのっそりと歩いている。

しかも靴を履いている。
真っ赤な。
そこは人様の手によるだけあって、後ろ足だけに履かされている。
亀なら前足にも履かせてくれ、というのだろうか。
いや、両方いらん、とでもいいたげではある。

思わず立ち止まって、声をかけた。
「お散歩ですか?」
おじさんは「そうです」といい、これは陸亀というのだといった。
御歳12歳。最初はこの位だった、と、自分の両手の平を丸めて見せた。

「あの、もしかして東大をお散歩させていませんでしたか?」
私は思わず尋ねた。
「いや」
おじさんは、そう答えて軽く会釈すると通り過ぎていった。
愛亀は、「止まれ」とか「お座り」とかは、まだできないらしい。

でもって、私の質問も頓狂だった。何故東大?
それは明日書く。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こっちもよろしく。明日まで。
拙書も取り扱っています。

【中古民家主義への誘い写真展のお知らせ】

【『中古民家主義への誘い』写真展】
日時:8月27日(水)〜9月24日(水)
       午前11時〜午後5時30分
場所:神田神保町「本と街の案内所」
入場無料

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・ジャンボカツとクリームコロッケ載せスタミナ焼きライス付き
・コーヒーとフルーツケーキ

写真展帰りに某ボリューム系洋食屋にて、夕食。
すごいボリュームに、カツとクリームコロッケは持ち帰り。
シンプルにスタミナ焼き(600円)でも充分だった。
[PR]

中古民家主義写真展は、いよいよ23〜24日の2日間となりました。
おかげさまでご好評をいただき、何だか会場を離れがたい気分です。
この2日間の午後には、なるべく会場に行くようにしますね。(拙書もありまっせ)
でもって、お次ももう決まってます。今度は東京湾シリーズ。

d0149411_2361344.jpg

私と夫は、中古民家の他にもいくつかのテーマを持っている。
そのひとつが「東京湾」だ。

東京湾には今も漁師さんがたくさんいらして、江戸前魚介を捕っている。
この方々をずっと取材させていただいたり、その背景を調べたりしているのだ。
その現場を一緒に歩くツアーを、2ヶ月ごとに行います。

第一弾は、「築地市場から江戸前漁師の仕事を探る」
・11月15日(土)8:30~15時
・定員20名ですが、まだ数名の余裕有りとか
・築地市場探険と、江戸前漁師についてのスライドトークの2本立て。

詳しくは、風カルチャークラブにお問い合わせ下さいませ。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こっちもよろしく

【中古民家主義への誘い写真展のお知らせ】

【『中古民家主義への誘い』写真展】
日時:8月27日(水)〜9月24日(水)
       午前11時〜午後5時30分
場所:神田神保町「本と街の案内所」
入場無料
[PR]

by sibamataumare | 2008-09-22 23:25 | 東京湾 | Comments(2)

絶対似ている。

d0149411_23131441.jpg

続きはまた。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まだまだやってますよ。

【中古民家主義への誘い写真展のお知らせ】

【『中古民家主義への誘い』写真展】
日時:8月27日(水)〜9月24日(水)
       午前11時〜午後5時30分
場所:神田神保町「本と街の案内所」
入場無料



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・塩鮭のフライ
・カボチャのフライ
・太いキュウリのマヨネーズ&味噌
・大根の味噌汁 など

冷凍庫に残っていた塩鮭を解凍した。
遺伝子組み換え大豆不使用の油(これが案外ないものだ)を買ったので、
早速、揚げものをしてみる。
[PR]