カボチャ蒸しパンといちじくジャムの夜

いよいよ噂のカボチャ蒸しパンを作ることができた。
しかし卵がない。でもまあいい。
かなり美味だったから。

d0149411_23273318.jpg

カボチャを蒸す。
この頃、しみじみ感じるのだが、安売り店のカボチャは味も色も芳しくない。
やっぱり適性価格というものがあるのだろう。
それによくよく見ると、馴染みの八百屋さんもそんなに値段は変わらないのだ。
でもって美味しい。
ならば地道に商いをするおじさんの店に行こう、と、心に決めた。

本来ならプリン型のようなカップに小分けして蒸すのだろうが、
ここは大雑把な我が家のこと、ステンレスボールにどばっと生地を入れて、
蒸し器でガンガン蒸した。
するとどうなるか。
表面はふっくら地割れして蒸し上がり、底辺は水分のないパサパサ状態となり、
中央部は濃密にねっとり仕上がる。
おお、これは多分に地学的だ。
何かこう、地球のようではないか、と、感想を述べたら、
「本当にうるさい」と、家族に嫌がられた。

ちなみに写真は熱海温泉の吹き上げ蒸気と溶岩。

先日も大人たちの前で、
繊維までしっかり見えるほど濃密にヨモギが混入された草団子を食べながら、
思わず「牛糞」と口走り、ひんしゅくを買ったばかりだ。

蒸しパンは、何故かかなり密度が高く仕上がり、
相当満腹になった。

ついでにいちじくが安かったので、ジャムを作った。
まだ煮詰まらないうちに、紅茶に少々入れていただいた。
食欲の秋は、・・・・・やばい。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・白菜とえのきと鶏ササミのスープ
・豆腐と豚挽肉のハンバーグ
・キャベツともやしの酢で茹でたもの

デザートは
・カボチャ蒸しパン
・いちじくソース入り紅茶
[PR]

by sibamataumare | 2008-10-15 23:32 | 食べもの