雪 すごいのだ

なんだか毎週、雪が降り積もる気らしい。
例の如く、雪歩きを楽しんだ翌朝、
目覚めたらすごいことになっていて驚いた。

d0149411_21471860.jpg

東京では車の姿が少ない。
と思ったら、近県で数珠つなぎに渋滞したままで、
相当大変なことになっていると、ニュースで知った。
ま、それだけが理由ではないだろうが、
それはそれで心配だ。

吹雪の雪道を、コンビニトラックだけが列をなして黙々と走るのを見て
また、夜更けまでたどたどしくバイクを操りながら
郵便を配達してくれる姿を見て、
私たちはどれだけ人様に無理をお願いして、便利を得ているのだと、
申し訳ない気持ちになった。

そこで、雪かきである。

夫や友人や近所の方々が、一生懸命除雪してくれるのがありがたい。
私も嫌いではない作業のひとつだ。
(もちろん年に1〜2度なのでお気楽なのだが)

今年は家と雪の間に溝を掘り、路肩の排水溝に水が流れるようにしてみた。
水がするすると流れ、心なしか雪解けが早い。
「ココココココ・・・・・」と、
水琴窟のような音色で、水が地下に滴り落ちてゆく。
都会で雪解け水の流れる音を聞くのもいいもんだ。

といいつつ、実は東京の下水道は合流式といって、
あまり雨水が多く流れ込み過ぎると
本来なら下水処理場行きの汚水ともども、処理場の許容量を越えぬよう、
人知れず、河川や海に直接流出してしまう仕組みになっている。

だから可能な限り、土の上に雪を貯めて、
地面に水を染み込ませることにした。
こうすれば、ささやかながらも地下水となって、
アスファルトに覆われた地面の下を潤す事ができ、
少しでも海や川を汚さずにすむのか、と、
せっせと花壇に積んでみた。
許せ、花の芽。

でもって、全身が痛い。
すわっ インフルエンザかと、熱を測っても平熱。
思い起こせば、雪かきの筋肉痛だ。

パソコン打つ腕も、いたた・・・・・。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・ペペロンチーノ
・茹で野菜サラダ

いただきもののホットプレートにスープを作り、
そこに直接パスタを入れて煮込むのが、
最近の我が家の流行。
もちろん鍋もといプレート奉行は夫。
美味。
[PR]

by sibamataumare | 2014-02-16 21:52 | 東京ぶらぶら