お師匠さん

このところ、またまたドサ回りの日々だ。
もう、嬉しくってたまらない。

d0149411_0125358.jpg

この前は、旅先で私のライターとしてのお師匠さんに
ちょっとだけお会いすることができた。
これももう、本当に嬉しい。
ご家庭の都合で、現在は地方在住だが、
相変わらずご活躍の様子、
ちらりとしか会えなかったけど、全然変わらない元気な姿に嬉しさが増した。

今はどうかわからないが、この業界は案外古風なもので、徒弟制度が存在していた。
学生気分が抜けず、世間知らずの当時の私は、
多分随分と使えない奴だったんだろうなあ。
でも当時、じっくりと教えられたことは、
今もちゃんと「クセ」として体に染み付いている。
会社員とはまたひと味違う、濃厚な日々だ。

これがカメラマンともなると、もう「人間」扱いされず、
心身ともに大変な時代を過ごす。
もちろん夫もこうした下積みを経て、その後は下を育ててきた。

最近、若いカメラマン氏と話したら、
やはり彼も徒弟制を経験していた。
やっぱりまだまだあるんだと、ちょっと嬉しくなった。

時折、さまざまな業界の職人取材を担当するが、彼らももちろん徒弟制。
彼らの話が、身を以てよくわかる。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そんな訳で、この日の私が食べたのは、

・鮭の塩焼き
・筋子
・シソの葉
・ワカメと豆腐とネギのみそ汁
・ご飯
・キュウリのゴマだれ和え

本当は鮭の親子丼を作る予定が、
途中で面倒くさくなって、
全部バラバラとご飯に載せて食べてしまった。
それでも十分美味。
[PR]

by sibamataumare | 2013-03-02 00:13 | ひとりごと